<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ジーンズリメイク 2007年 春夏モデル

主婦になってからというもの、『部屋着=仕事着』 なので、家にいる時もそのまま外に出れる
格好をすることが多くなりました。 以前働いていた頃は 『外出着=仕事着』 だったので、
家にいる時は楽な格好で、外に出る時には着替えるというかんじ。

さてそんなこんなで、家にいる時の洋服に色々とこだわり始めるようになったわけですが、
やはり大活躍なのはジーンズ。 昔から結構好きなので本数はかなりのものがありまして。
その中でもやはり色落ち具合や履き心地の違いで好き嫌いがあって、結局履くのは数本に。

今回、そんな眠っているジーンズをなんとか生き返らせようとリメイクをしてみました~。
名づけてMasakongコレクション 2007年 春夏モデル。 なんちゃって。

f0041761_1846170.jpg
色落ちも丈も形もあまりにふつうすぎて
とってもビミョーだったストレートジーンズ。

7分丈に切って、レースをつけました。 
なんと1mで300円。 やっすー!!

前後のポケットもちょっとだけおめかしを。 やりすぎるとくどいので片方だけ。
f0041761_18421655.jpgf0041761_18422743.jpg








これにパフスリーブの白いシャツでもあわせてみようかなぁ~なんて思ってます。
Masakong、今年のテーマは、やり過ぎない程度に "カジュアルフェミニン" でいこうかと。 

ふだんかなりのスーパーカジュアルな私に見慣れている彼は 『充分やりすぎでは…(汗)』
という反応だったけど。 いいのいいの、女の子ですもの。 
[PR]
by masakong_UK | 2007-03-30 18:43 | Goods

コーヒー 基礎知識&マナー講座

今日はロンドンのフィニッシングスクールでコーヒーの1日マナー講座を受けてきました。
もともとは英国式のテーブルセッティングやらアフタヌーンティーのマナーやらを学ぶ、
最近はやりの 『サロネーゼ』 養成スクールみたいなかんじなのですが、正直私はそこまで
興味はなく、ふつうに食事やおもてなしが楽しめる程度に知ってればOKというかんじ。
しかも紅茶よりコーヒー派なので、今回の 『1日チョイかじり講座』 はもってこいでした。

f0041761_5365446.jpg
イギリスというと紅茶のイメージですが、実はコーヒーも
世界の一流のものが集まってきて、かなりいいものが
揃うということで欧州各地から買い付けに来るほど
有名なんだそうです。

茶葉や土壌の良し悪しで味が決まる紅茶と違い、
コーヒーは素材(豆)の種類や質と同じくらい、
「焙煎技術」の良し悪しが味と香りに大いに影響する
らしく、イギリスはその「焙煎技術」が優れているという
ことで、コーヒーもとってもおいしくて有名とのこと。

どおりでコーヒー好きなイギリス人も多いはずだ!! 
と納得です。

さて、今回はコーヒーの淹れ方やマナーに加えて、各国の色んな種類のコーヒーを
飲み比べたわけですが。 全然違うんですなぁ~これが。 
『利き紅茶』 や 『利きワイン』 は自信ないですが、『利きコーヒー』 はOKだと自信あり☆
(ちなみに 『利きシャンパン』 と 『利き酒』 も好きなものならわかる自信あり。むふ。)

幸いにも我が家は二人とも苦くて強い味のコーヒーが好きということで好みが一緒なので、
どこの国の何を購入すればいいのかというのがよ~くわかりました。 
今回は典型的なものを4種類試しただけなので、まだ 「どれがどんな味」 と書けるほどの
自信はないので、これから色んな種類をもっともっと飲み比べてみようと思ってます。
おすすめのおいしいものが見つけられたらご紹介しようと思いまーす。 乞うご期待!
[PR]
by masakong_UK | 2007-03-29 05:50 | England

夏時間にかわりました。

今日からイギリスは夏時間に変わりました♪ 1時間ずれるだけなのになんかうれしい。
一番の要因は日が長くなった気になるからかな…。 19:00ぐらいまで明るいもの!! 

ということで日本との時差は8時間になります。 
日本の時間に 『4』 を足して、amとpmを入れ替えてくださいね~。 

 <日本>     <イギリス>
  7 : 00   →  23 : 00
 12 : 00   →   4 : 00
 18 : 00   →  10 : 00
 21 : 00   →  13 : 00        

ってなかんじです。 よろしくお願いします。
[PR]
by masakong_UK | 2007-03-25 22:09 | England

チャールズ皇太子は戦闘機が操縦できるらしい。

今日は英国についてのトリビアを少々。 

そもそも一般的に 『イギリス』 って呼ぶこの国、他にも 『イングランド』 やら 『UK』 やら
『グレートブリテン』 などなど色んな紛らわしい名前が存在するけど正式名称は何なの?!
というのが私の上陸時、第一の疑問でして。

正式国名は、『United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland』 です。
和訳は、『グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国』 ということらしいです…・。
『グレートブリテン』 というのはいわゆる日本の 『本州』 みたいな感じで 『島』 の名前です。
グレートブリテン島には、イングランド、ウェールズ、スコットランドの3つの国が存在し、
それにアイルランド島の北部にある北アイルランドを足した4つの国の連合王国なのです。

  知ってた??

でまたここでトリビアなのが、イギリスの国旗。 なんと4つの国のそれぞれの国旗を足すと
かの有名な赤、青、白からなる 『ユニオンジャック』 が完成するのです。

f0041761_19353897.jpg
  知ってた??

ちなみに一番右のウェールズの旗はどこに行っちゃったの??ってかんじですが、これは
英国旗制定時の1603年にはすでにウェールズはイングランドに併合されていたからだとか。

この事実を知ってから色々と気になることもありつつ。 一番気になったのはサッカーの
ワールドカップ。 "イングランド" とか "スコットランド" とか、一つの国から2チームも出せる
なんてなんだかずる~い。 オリンピックだったら4つの国がまとまって束になってかかるのに
サッカーという得意分野だと選手層が厚いから2チーム?! なんかずるいなぁ~なんて。
これには色々と理由もありそうなのでまたいつか調べてみようかなぁ…。 と。

ちなみにちなみに。 英国の面積は北アイルランドも含めて日本の3分の2だそうな。
そこに人口は半分だっていうんだから、日本がどれだけ混んでる国かが想像つきます…。

さて、話が長くなりますが、今回私が書きたかったのはタイトルにもあるとおり、
「チャールズ皇太子は戦闘機が操縦できるらしい」 ということ。 いかにもスポーツ系が
ダメそうな風貌ゆえ、(チャールズ皇太子、ごめんなさい…)、私は一番驚きました。

そもそもこの話題、チャールズ皇太子の次男坊であるヘンリー王子 (もう22歳なんだよ。
知ってた??) が4月から所属部隊とともにイラクに派遣されることから知ったのですが。
立憲君主制の英国では、現在、軍の最高司令官はブレア首相という位置づけではありつつ、
やはり過去の歴史からもわかるとおり、国王が先頭をきって軍隊を率いるというなごりが
残っているらしい。 ということで国の君主たるや、陸海空軍で訓練をつみ、軍の要職を歴任
して兵士と接することを絶やさないという姿勢は大事なんだそうな。 ということで "あの"
チャールズ皇太子も空軍で訓練をつんだため一応、操縦できるそうですよ、戦闘機。 

f0041761_19595294.jpg
ただ現実的に考えて、直接的に王位継承に重大な支障をきたしうる、国王直系の長男の戦地派遣は問題ありありなようで、次男坊のヘンリー君に白羽の矢がたったようなかんじ。
本人も今では行く気満々のコメントを発表してますが
本音はいかに?! 
何かあったらえらいことなので、実は周りの同僚も余計な任務が増えて迷惑?! 足手まといにならなければいいのですが…。


f0041761_2032693.jpg
王室といえばもう一つ気になるのがこのツーショット。
今では見慣れたこのツーショットも、なんとなく
違和感あるのは私だけ?? 
ダイアナさんもカミラさんもどっちも気の毒よね…。

f0041761_2015136.jpg


それにちなんでこの二人。
我々がこっちにいる間にロイヤルウェディングが
実現するといいんですけど。 見たいな~パレード。
やっぱり好きな人同士で結婚した方がいいよね~。
君たちはお幸せにね♪♪
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-22 20:20 | England

おらが街にも…

私の住んでいる街にはスーパーが二つありまして。 どちらも規模は小さめです。
片方は 『成城石井』 とか 『明治屋』 みたいなかんじでちょっと高級目なお店。
生鮮食料品も新鮮なものが多いので、食品はほぼ100%そっちで買います。
もう一方は 『ダイエー』 とか 『サミット』 みたいなお店。 まさに庶民の味方♪
ただコスト優先のためか、野菜などの質はいまいちなので、こちらでは主に雑貨類、
ティッシュや洗剤などを買ってました。

さて、そんなおらが街に、このたび新しく 『JUSCO』 or 『イトーヨーカドー』 クラスの
巨大スーパーが誕生!! 今ある二つのスーパーのちょうど真ん中を取ったぐらいの価格帯。

f0041761_4114052.jpg
何がすごいってとにかく面積がめちゃめちゃ広いので、
見てるだけでも楽しい~。
アメリカのスーパーみたい♪

今までは2件をはしごしていたのですがこれからは3件に。
でもそのうち慣れてきたらここ1箇所だけですべての
お買い物が済みそうな予感。 
便利になって嬉しいかぎり♪
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-21 04:16 | England

創作和食 と 停電

久しぶりに週末ロンドンに出かけました~。 
ロンドン(というかイギリス)はとにかく物価が高く、中でも日本食レストランなんてちょっとした
居酒屋さん風のところでも夕飯となると一人あたりかる~く
1万円ほどかかってしまいます。 
「えっ?! この厚焼き玉子で2,000円??」 みたいなかんじなので、ちょっともったいなくて…。
日本に比べると制限はあるものの、幸いだいたいのものは日本食スーパーで手に入るので、
和食はおうちので充分。 こっちに来てから外で日本食を食べることはまずありません。

ところが今回、以前ランチタイムで何回か行ったこともある 『So』 という創作和食のお店が、
ウィンターキャンペーンということで p.m.6:00-7:00 に入店すると何を頼んでも全品半額!
『通常の値段設定はなんなの?!』 的なキャンペーンを実施中ということでさっそく出撃。

せっかくの機会なので、ちょっと贅沢に一人£50(¥12,000ぐらい)のコースを注文。
お刺身のサラダ、おつまみお寿司、てんぷら、和牛のステーキ、ご飯&お味噌汁の5コース。
f0041761_0251186.jpg

日本人のシェフなのでどれもとってもおいしくて久しぶりの本格和食を堪能しまくりでした。
特に、最後に出てきた和牛のステーキがやわらかくて涙もの! それまでのお料理で
結構お腹いっぱい気味だったのにペロリと完食。 デザートまで注文しちゃいましたよ。
一人分のお値段で二人お腹一杯。 主婦には嬉しいキャンペーンでした☆ むふ。

お腹もお財布も大満足で帰宅すると、なにやら家の周辺が真っ暗。 街頭も消えてまさに闇。
ムムム?! と思いながらお隣のおじいちゃんに尋ねると、15分ほど前にいきなり停電になったので、とりあえず電気関係のものはスイッチを入れずに様子をみた方がいいとのこと。

f0041761_0561722.jpg
家中のキャンドルに火を入れて待つこと約2時間。
23:00頃にようやく復旧しました。

やっぱりイギリスは先進国とは思えないほど
インフラが弱~い。

初めての私達はクリスマスがまた来た!! みたいで
ちょっと楽しかったけど。

電車が遅れたときもそうですが、イギリス人って 「なんで遅れてるのか??」 ということはあまり気にしないみたいで、特にクレームもしないまま 「またか。」 という感じでおとなしく待つ人が多いんですよねぇ~。 今回の停電も同じかんじ。 家の二階から周辺の家々の様子をうかがうとどこの家もカーテンの奥でロウソクの火がゆらゆら・・・。
停電だというのに、まぁ緊張感なく、のどかというかなんというか…。

特に怒ることもなくおとなしく復旧を待つイギリス人って、お国柄だなぁ~。 としみじみ。
みんながクレームしないからいつまでもサービスが向上しないんだろうな~。 とぶつぶつ…。
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-19 00:39 | Food

ふわふわマンゴープリン

久しぶりに食べたくてマンゴープリン、作りました。 予想以上においしかったのでご紹介。
マンゴーのピューレに牛乳、生クリーム、ゼラチン、お砂糖を入れて固めるだけの簡単レシピ。

ただあなどるなかれこのレシピ。 意外と奥が深~い。

① マンゴーピューレの荒さ加減 
② 生クリームの泡立て加減        
でまったく違った食感になるのです~。

今日私が作ったのは、①ピューレはジュース状になるぐらい細かく ②生クリームは6分立て
ぐらいの組み合わせ。 こうすると舌触りが "ふわトロ" なババロア風のプリンになります。
f0041761_2054653.jpg

こっくり濃厚な絹ごし豆腐風がお好きな方は生クリームをほとんど泡立てずに加えて。
マンゴごろごろのプリンがお好みの方はピューレを作る際のフードプロセッサの時間を短く。
"フルフル" な食感が好きな人はゼラチンを減らしてもいいかもしれませんね。

マンゴプリンレシピ
【材料】   
マンゴー    2個 (ピューレ状で約300ccぐらい)
牛乳     100cc
砂糖      50g
ゼラチン     7g  (←50ccのお湯で溶かす)
生クリーム   60cc



【作り方】  
① マンゴーをピューレにして、牛乳、砂糖を加えて溶けるまで混ぜる。
② 生クリームを好みのかたさに泡立てる。
③ ①によく溶かしたゼラチンを加えて混ぜる。
④ ③に②を加えて泡をつぶさないように混ぜる。
⑤ 冷蔵庫で冷やす。

色々と応用がきく割にはおいしくて簡単なので
おすすめですよ~
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-15 20:11 | Food

うちにも来た! Nintendo DS

f0041761_1947281.jpgついに我が家も購入です。
出張ついでに買って来ました。

さっそく 『脳トレ』 にチャレンジ!!
【脳年齢 チェック結果】
  ダンナ : 29歳
  わたし : 38歳

なんで~~?!?!

すっごいショックだったので地道にトレーニングに励もうと思います(涙)
あと、漢字検定のソフトも買ってきてもらいました。 
今のところ小学校5年生レベルまでは間違いもなく
100点満点です☆ 今晩から6年生に突入。 
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-12 19:47 | Goods

Table Arrangement Lesson @ Constance Spry

昨日のHand Tiedに続き、今日はTable Arrangementのレッスンを受けてきました。
今までのお花のレッスン同様、テーブルアレンジメントだけを作るとばかり思っていたら
さすがConstance Spry! 『テーブルコーディネート全体を語らずしてアレンジメントだけ
作ることは不可能でしょ。』 ってことでテーブルコーディネートまでお勉強しちゃいました。

デモンストレーションしてもらったのは ①Formal ②Casual ③Garden Party の3つ。
それぞれのテーブルセッティングと、それにあうテーブルアレンジメントを作りました。

f0041761_3592780.jpg

これは一般的なフォーマルセッティングの一例。 お花もBasicなデザインがしっくりきます。

f0041761_404986.jpg

テーブルの上に飾るお花は香りが強くないもの&目線より低いものが基本ですが。
テーブルの幅が狭くてお花を置くスペースがない時は、思い切って目線より上に持ち上げて。


Constance Spryでは、私が受けたレッスン以外にもいくつか別のレッスンがあって、
大きな作品を作ったりした生徒が持って帰らずに学校に置いたままにしてあるようで。
放っておくと作品がたまっていく一方なので金曜日には大多数を処分するとのこと。
週の初めの作品はさすがにダメな花が多いのですが、まだまだ綺麗なお花もいっぱい!
「捨てちゃうなんてもったいないね~。」 と言ったら持って帰ってOKとのこと。

春らしいフリージアを貰ってきちゃいました♪ 1種類の花だけで作るPosyはすごくリッチ。
これだけでもものすごい香りがするので。 
バスルームに飾りました~。 いい香り☆
f0041761_411437.jpg


お昼休みに先生と広大な敷地をお散歩。 
庭のお花&ハーブを摘んでPosyを作りました。

これだけのシックな色合い、買った花ではなかなか出ません。 
リビングの暖炉の上に。
f0041761_4125131.jpg


今日のレッスンも色んなことを勉強できてとってもためになりました。 家もお花でいっぱい♪
同じイギリスでも、ロンドンでスタイリッシュなアレンジを学んだり、のんびりと自然の中で
ナチュラルなデザインを学んだり。 お花好きにはたまらない国ですなぁ…。 
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-10 04:14 | Flower

Hand Tied Lesson @ Constance Spry

今日はとーっても久しぶりにお花のレッスンに行ってきました。 
興味があるスクールのレッスンを定期的にチェックをしていたものの、冬はお花の種類も少なく、なかなか "これは!!" というものがなくて、気がついたら前回のJudithでのクリスマスレッスンから3ヶ月も経ってました。 お花が恋しかったわ~。

さて、今回チャレンジしたのは、SURREY州のFURNHAMにある 『Constance Spry』
Hand Tied (花束) のレッスンです。

イギリスで郊外に行くには "National Railway" といういわば国鉄を使うのですが、これの難点はロンドンを中心に放射線状に走っているだけなので、違う線の駅同士を結ぶ山手線とか武蔵野線みたいな電車がないのです…(涙)
ということで私は迷わずマイカーを選択! 
朝の通勤ラッシュ渋滞の中1時間ほど走ります。

不便な場所にあるだけあって敷地は広大。 
I love 田舎!! これぞイギリスですよぉ~。
f0041761_255352.jpg

先生もとっても丁寧。 組み方は同じとはいえ、違う人に習うと毎回新たな発見があります。
f0041761_251036.jpg

今回は、Jane Packerで習った同系色の花をグルーピングして束ねる今風の花束ではなく、
もっと色んな花をバラバラにちりばめたナチュラルで "Traditional British" なデザインを
学びたくてここを選んでみましたが大正解~♪

春らしいお花が盛りだくさん。見てるだけで幸せ~。 
自分で作るともっと幸せ~。
f0041761_2454771.jpg
明日はTable Arrangementの1Day Lessonがあって、それも受講する予定です。
2日分申し込むと5%OFFだったの。むふ。 
今から明日が楽しみです☆
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-09 02:52 | Flower