<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Vacation in スペイン

4泊5日のスペイン旅行から無事に帰宅しました~。
何が良かったってあなた、久しぶりの太陽にお目にかかれて幸せでしたよ、私は。
気温は15℃前後ですが毎日が晴れ。 今の時期、スペインは雨季にあたるみたいですが、
毎日が雨のイギリスに比べたらなんのなんの。 久しぶりの太陽に感激しました♪

f0041761_7454561.jpg今回は南スペインのマラガ、ミハス、マルベーリャへ。
コスタ・デル・ソルと呼ばれる南スペインの海岸沿いのリゾートエリアでした。
街路樹はオレンジとヤシの木。 実もい~っぱいなってました。
思わず一個ぐらい取って食べちゃおうかとも思いましたが、さすがにやめときました☆

リゾートといえば常夏のイメージですが、夏は40℃ぐらいまで気温も上がって、日差しも強烈なのであえて冬にチャレンジ。 


今回も食べて食べて…  
f0041761_8142024.jpg
食べまくり。
f0041761_814329.jpg


f0041761_756471.jpg
『白い村』 の一つ、ミハス。 白い壁の家が続きます。


f0041761_759815.jpg

白い壁にはスペイン独特の焼き物の鉢。
同じくお皿もぶら下がって素敵☆










f0041761_7505896.jpg

マルベーリャではゴルフを。
かなり久しぶりに青い芝の上でゴルフをしました。

男性用のクラブしか借りれなかったけど、スコアはなぜか平凡に123。
道具はあんまり関係ないってこと?!それも複雑…。

さて。 これから年越しの準備です…。 おせちを作らねば。

今年一年、『UKお気楽主婦日記。』 をご愛読いただきましてありがとうございました。
来年も引き続き、気楽にのんびり主婦生活を満喫していきたいと思っております。
みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-31 08:12 | Travel

Christmas Pudding

今日はクリスマス☆ 日本ではクリスマスイブの夜にご馳走を食べたりお祝いしますが、
イギリスではあくまでも本番は25日。 25日に家族で集まってお祝いをします。
お昼からご馳走を食べて、締めくくりのデザートは 『Christmas Pudding』 ♪

こちらに来るまでは存在すらも知りませんでしたが、イギリスでは必ずと言っていいほど
クリスマスの食卓にはなくてはならないもののようです。

さてさて。 Christmas Puddingとは??
プルーン、レーズン、ブルーベリー、くるみ、りんご、スグリ、さくらんぼ等の莫大な量の
ドライフルーツがふんだんに入った、茶色くてねっとりしたお菓子です。 
およそ1年くらい前に作り、クリスマスの当日まで保存して置くそうですが、今ではちゃんと
手作りをする人は少ないようで、11月に入る頃から、たくさんの種類をスーパーなどで
売り始めます。

郷に入れば郷に従え。 というか食べたことのないものへの好奇心の方が強いのですが、
我が家もちっちゃ目のやつを購入。 さっそく本日いただきました。

f0041761_7395469.jpg食べ方は簡単。 

お椀型の容器に入ったPuddingを
蒸して暖かく&フワフワにします。
そこにブランデーバターをたっぷりと
つけていただきます♪

ブランデーを直接Puddingにかけて
それに火をつけてフランベして
食べたりもするそうですよ。


気になるお味は?! 色んなドライフルーツが入っていて、さらにブランデーバターのお酒も
結構強いので大人のお菓子っていう感じでした。
フランス菓子のように軽くていくらでも食べれちゃう☆ というかんじではなく、まさに素朴な
「イギリスのお菓子」っていう垢抜けない味ですが、私は結構好きでした。

スコーンもそうですが、イギリスってあまりおいしいお菓子がないんですよね~。
お口の中がモソモソして飲み物なしではきついかんじ。 でもそこがまたいいところというか。
たまに食べたくなる味だから不思議です。


さて。 クリスマスも無事に終わったところで、明日からバケーションに行ってきます。
クリスマスや年末年始をはさむとホテル代や飛行機も高いので年末までには戻ります。
この冬は寒いイギリスを脱出して南へ。 南スペインのコスタ・デル・ソルへ行ってきます。
もちろん目的は 『食+食+食』 そして 『飲』。 いや、むしろ 『呑』 か?!

みなさまも年末の暴飲暴食にはお気をつけくださいませ~☆
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-26 07:46 | England

驚愕の新事実発覚!!

先日、無事に真犯人も見つかり、一件落着かと思われた 『球根荒らされ事件』 に
新たな新事実が発覚いたしまして、腰を抜かしそうになったMasakongであります。

年末も近づいてきたので庭もきれいにして年を越そう!! と久々に寒いのを堪えて
庭に出ましたところ、球根を植えた鉢から見慣れない物体がニョッキリと顔を出している。

  はて。 あれは何??

庭仕事を始めてから、見たことないような新種のきのこやら小指の太さほどもあろうかという
大ミミズ君との遭遇などなど 『ひょえ~~!!!』 と叫ぶことも多々ありつつ。
しかし今回見つけたものは明らかに見た目が変。 こわごわスコップで掘り返してみると…。

f0041761_21145748.jpg

スライスされたパンでした…  


     (-_-*)


いったいどこの家で拾ってきたのよぉ




なんなんだろう。 この微妙な敗北感…。 リスに。 またしてもやられた…。

すべてを理解するのに3分半ぐらいかかりましたが。
どうやら彼らは、球根を掘り返して別の場所に隠すより、どうせ球根が植わってるんだから、
『この植木鉢を隠し場所にした方が楽じゃねぇ??』 ということに気づいた模様。

うーむ。 敵ながらあっぱれ。 まさか鉢からパンが出てくるとは思いませんでしたわ、私も。
しかも結構深く掘って隠してあって、パンの端っこがちょっと出てるぐらいでした。
きっと底の方まで掘り返すと、さらに見たことないものがいっぱい出てきそうなかんじ。
来年の春になったらきれいな花が咲きつつ、鉢から悪臭が漂わないことを祈ります…。

アーメン。
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-22 21:19 | England

買出しの旅

今週に入ってからUKは連日、霧がものすごいです。 まさに "霧のロンドン" というかんじ。
気温は-5℃~2℃ぐらい。 太陽も出てくれないので、まじ寒いです…。
飛行機の離発着にも影響が出まくりで、欠航やら遅れやらが大変みたい。
来週旅行に行く予定にしているので早く晴れてほしいなぁ~と祈るばかりです。

f0041761_11414.jpgそんな中、年末年始用の食材を調達する
べく、買出しの旅に行ってきました。
なぜこんなに早く?! という気もしますが、
驚くなかれ。 なんてったってイギリス人。 
クリスマス前後はどこもかしこもお休み。 
なんと25日は地下鉄やら国鉄やら、
公共の交通機関までもが全線運休。
『だって運転手だってクリスマスだもん。』 
むー、納得…。

そう考えると、日本は今ではスーパーも元旦からやってる時代ですが、大晦日と元旦ぐらい
国中がお休みでもいいんじゃないかなぁ~と思ってしまう今日この頃。
お母さんも休めるように。と作り置きをするおせち料理だって、今や高級料亭とかに注文する
人も多いとか。 やっぱり本来の意味も考えて、手作りにこだわりたいなぁと思う私です。

さて。 我が家の近所には日本食材を買える場所はないので、2~3週間に一度、車で40分
ほど離れた西ロンドンにあるお店まで出かけていくのが習慣です。
そこには日本人学校もあったりして、ロンドン市内で働く日本人駐在員の方たちもたくさん
住んでいるそうで、日本食スーパーが2件あります。

1件目は 『ATARI-YA』 さんというところで、6畳ぐらいのちっちゃいお店ですが、その半分
ぐらいのスペースをお刺身や干物などを売るカウンターが占めていて、お刺身を買うのは
いつもここです。 今日は数の子を探しに行ったのですが残念ながら売り切れ。
そのかわりおいしそうなお刺身を色々買ってしまったので、今日の夕飯は手巻きです…。

もう1件は 『TK Trading』 というお店。 こちらは日本のコンビニぐらいの広さのお店で、
乾物やら冷凍食品やらが充実している日本食材屋さんです。 冷凍食品と言っても、
いわゆるふつうの(?!)冷凍食品も売ってますが、ほとんどが、かまぼことか納豆とか、
本来は冷凍するものじゃないものを冷凍して売ってるかんじ(笑) 
最初はビビりましたが、自然解凍したら意外と普通に食べられるから驚きです。

f0041761_0534047.jpg今日はほとんど、このお店でお正月用の
食材を揃えました。
値段はざっと日本の3倍!
黒豆やらお餅やら、種類を選べるほども
売っていないので質はいたって普通。
特に高級品を買ったわけでもないに
15,000円もかかってしまいました…。 
でも年に一度のお正月、縁起物なので
まぁいいか。 贅沢しちゃいました☆

今年は初めて、二人だけの年越し&お正月です。 ちょっと寂しいですが、一度ぐらいは
こんな年末があってもいいのかなぁ~と。 
なにごともなく、無事に新年を迎えられたらいいなぁと思っております。 
っていうかクリスマスもまだなんだけど(汗)
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-22 01:06 | England

リース協奏曲

昨日は友達に会いにロンドンへ。 
彼女とはJane PackerのWork Experienceの時に知り合いになって以来のお付き合い。
すでにお花留学を終えて日本に帰国しているのですが、クリスマスのヨーロッパをどうしても
見ておきたい!! という熱い魂の持ち主。 今回、2週間の予定で来欧中なのです。
二人でロンドン中の有名なフローリストをまわって、クリスマスのアレンジを偵察。
どこも個性的なディスプレイで素敵なところがたくさんあって、すごくいい刺激になりました。

そんな中、この1日で私が最も興味をひかれたのは、何てことないふつうの民家の玄関扉。
特別派手な飾り付けをしているわけではないものの、年代物の玄関扉にはそれぞれの家で
素敵なリースを飾っているところが多くて、さりげないセンスにとっても魅かれました。

その中で気に入ったものをいくつかをご紹介。 扉の色や雰囲気ともぴったりで素敵☆

f0041761_1994392.jpgf0041761_1995653.jpg












f0041761_1910926.jpgf0041761_1910226.jpg












f0041761_19103413.jpgf0041761_19104798.jpg












f0041761_19105915.jpgf0041761_19111160.jpg












外国の人から見ると、日本のお正月のお飾りもこんな風に新鮮に映っているのかも。
今まであまり気にしたことがなかったけど、日本のお飾りなんかも、今度はちょっと
違った目線で見れるのかもしれないなぁ~。 って思ったりしました。 

それにしても。 お正月のお飾りかぁ~。 あとちょっとで今年も終わるなぁ…
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-19 19:27 | England

ポーツマス!ポーツマス!!

f0041761_540587.jpgこの週末はびっくりするほどいいお天気♪
気温も5℃ぐらいでいつもより高め。

こんな日は外に遊びに行かなくては!!
ということで、数ヶ月ぶりに海を見に行く
ことにしました。
以前会社の方に教えてもらっていた、
ポーツマスにあるアウトレットモール
までドライブ。=3

ポーツマスは、うちから150キロほど真南に下った海岸沿いの街です。
猫ひろしの 『ポーツマス!ポーツマス!!』 でおなじみのあの街です。

アウトレットとしては、うちの近所にあるBicesterのアウトレットよりも安物系が多いものの、
港を臨むレストランが色々あったり、映画館もあったり、お買い物以外も楽しめるなかなか
おもしろいSPOTでした。 お台場みたいなかんじだね、いわゆる。

f0041761_5473525.jpgお昼頃に到着して、ブラブラお買い物
したり、揚げたてのドーナツをつまんだり
しながら、気がつくともう夕暮れ。 
お天気も良かったので、海に沈むとても
綺麗な夕日も見ることが出来ました。

日本にいた頃は横浜といいお台場といい、
綺麗ではないもののすぐ近くに海があった
のですが、イギリスに来てからは海とは
かなりご無沙汰中。

やっぱり海に浮かぶ船とかを見てるととってもリラ~ックス♪ やっぱり海好きな私♪

ロマンチックに夕日を眺める私の隣で現実的なダンナ君。
『あのクルーザー、何億するんだろうなぁ??』 
やれやれ。 結婚も2年を過ぎるとこんなもんです…(笑)
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-18 05:53 | England

執念の張り込み捜査

f0041761_1964857.jpgここ数週間、秋にせっかく植えた球根の鉢が
何者かに荒らされるという珍事件が相次いで発生。 
ようやく芽も出始めた頃なのに、昼前後に見に行くと、
鉢の隅に掘り返された跡が。

このままでは大事な球根が根こそぎやられてしまいそう
なので、暇にまかせて執念の張り込み捜査を開始。 

犯行時間が午前に集中していることから、通常のお掃除を午後に回し、コーヒー&Blog
ついでに張り込みを。

そして先日ついに、犯行現場を目撃!!  現行犯逮捕ならぬ、現行犯激写をしようと思った
ものの、犯人の逃げ足が速く、証拠写真は撮ることが出来ませんでした…。

でもって犯人は?? と言うと。 リス君一家でした。
他にも、どこかの飼い猫(白と黒)とか、よくわからないけどでっかい鳥とか、容疑者が
何名(?!)かいたのですが、やはり犯人は一番目をつけていたリス君一家でした。

リス君一家はパパとママと子供が3匹の5匹家族。 よく庭の塀の上を仲良く走ってます。
彼らがうちの庭におりてきては、鉢を引っ掻き回して球根を取っているようで。
しばらく観察していると、驚くべきリスの生態も発覚!! なんと掘り返した球根をそのまま
持って逃げる or その場で食べるかと思いきや、庭の隅っこの方に埋めているではないか!!
おそらく冬の食料を確保するために隠してるんだろうなぁ~と。 
ちゃんと前足(手)2本で穴を掘って球根をうめ、土をかけて隠し、その後をお手手で
パンパン!って叩いて土をならすんですよぉ。

かしこーい! そしてその仕草がなんともかわいー!

リスって狂犬病も持っていたりするのであまり近くに寄って噛まれたりするとよくないので、
遠くから観察するだけにとどめましたが。 とりあえず犯人も見つかったので良かった♪

来年の春は、まったく植えた覚えのない所にスイセンの花が咲くことだろう…。
ま、それも楽しみの一つということで勘弁してあげちゃおうかな。
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-14 19:24 | England

クリスマスランチ@我が家

今日はお友達夫婦を招いて、我が家でクリスマスランチをしました。
日本にいた頃は4人とも同じ職場で働いてまして。
それぞれが職場結婚をして、偶然にも同じ時期にイギリスへ。 
年も近いので夫婦ともどもお世話になっているお友達です。

さてさて。 クリスマスということでいつもよりちょっとだけ気持ち派手目におもてなし。

プレイスマット派だけど、今度はクロスを使ってみようかな。
f0041761_4514022.jpg
お花は赤+ゴールドにしました。
f0041761_4515749.jpg









ちゃんとしたおもてなしはこっちに来てから2回目。 
あまりレパートリーもないけれど、さて何をつくろうかいな…。

f0041761_515059.jpgということで悩んだ結果がこちら。
生ハム&サラミで乾杯した後、ダイニングに移動して前菜を。
サーモン&アボカドのタルタル、ロケットとくるみのサラダ、
大好物のムール貝のガーリックワイン蒸し。
スーパーで買ったわりにはムール貝がブリブリで
おいしかったです。
さすがにこの時期はどこで買ってもおいしいのかな…。


f0041761_575422.jpgそしてメインはローストチキン♪
お腹の中には栗ときのこのバターリゾットを詰めました。
お客様が来るというのに、実はスタッフドチキンを焼くのは初!!
失敗したらどうすんねん?! というO型ダンナの心配をよそに、
B型嫁はぶっつけ本番。
あとがないので気合入ります☆

気になる出来は?! おいしかったで~す♪ 付け合せのお野菜がちょっと硬めだったので、
次はもうちょっと下茹でを長くしてからオーブンにのっけた方がいいかも。 ってかんじでした。
が、全般的にはまずまずの出来。 白ワインをかけながら焼くレシピを選んだので、チキンも
長く焼いているわりにはジューシーでGood!でした。
なかなか夫婦二人だけでは丸鶏一匹は食べきれないので、お友達が来てくれてよかった♪
クリスマスミールは結構堪能したので、本番のクリスマスはお外でディナーもいいかしら。
なんてまたまたおいしいものを食べに行こうとしているMasakongです。 ぐふふ。
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-11 05:21 | Food

ミゾレか?? アラレか?? いや、ヒョウか??

突然ですが。 みなさん、霙(ミゾレ)と霰(アラレ)と雹(ヒョウ)の違いをご存知??

Wikipediaによると。

霙(ミゾレ) : 雨と雪が混ざって降ってくるという気象現象
霰(アラレ) : 直径5mm未満の氷の粒が降る現象 
雹(ヒョウ) : 直径5mm以上の氷の粒が降る現象          なんですって。

なぜこんな話かと言うと。 昨日、雹(ヒョウ)、生まれて初めて見ました~! 
ヒョウを漢字で書いたら 『雹』 って書くんだ~っていうのも昨日初めて知りました…(汗)

朝は何事もなく曇り時々晴れという、いわゆる今の時期のイギリスでは上出来な天気。
さて、お掃除も終わったところでのんびり歩いてお買い物でも…。と思い始めた矢先、
分厚~い雲が空を覆い始め、 「ゲゲゲ。 いつものにわか雨か?!」 と思った直後には
バケツをひっくり返したような雨が…。 「あーあ、散歩いけないじゃん!!」

まぁここまではいつもの光景。 「それではいざ車にて出発!!」 と鍵を取りに二階の部屋に
上がってみると、なにやら雨の音がおかしい。 ふと窓の外を見てみると…。

  「!?!」

氷の塊が降っておりました…。 「えー!! みぞれ??」 と思いきや、
今までになく粒がでかいでかい! 

  「もしやこれは"ヒョウ"では?!?」

びびりましたねぇ~、非常に。 
まっさきに気になったのは、「車の保険ってヒョウもカバーしてるんかいな??」 
イギリスってヒョウも降るんだ~と、恐いながらも初めて見たヒョウにちょっと感動。
後で見に行ってみましたが、おかげさまでヒョウも小ぶり(?!)だったおかげで被害はゼロ。
ひとまずよかった♪よかった♪

f0041761_18302256.jpgなんだか顕微鏡でのぞいた細胞の写真
みたいですが、一応、コンサバトリ
(ガラスでできた温室みたいなかんじ)
の屋根に積もった(?!)ヒョウの写真。
ちょっと溶けちゃってますが、
ビービー弾よりすこし大きいぐらい。
明らかに5mm以上。

あーびっくりした。

そんな片田舎で初めてのヒョウに私がビビッていたちょうどその頃、ロンドンでは…。

  竜巻が起きていたらしい…。 (-_-;)

竜巻が起きる直前の空、ヒョウの前もこんな色だった 
f0041761_1844478.jpg
傷跡が痛々しい ロンドンで竜巻なんて…
f0041761_18451458.jpg








150件近い家が被害をうけた模様
f0041761_18455585.jpg
車も悲惨…(涙)
f0041761_18461421.jpg








                                           
イギリスは約3世紀ぶりの暖冬だそうです。 
つい数ヶ月前までは今年の冬はすごく寒くなると予想されていたのに…。
明らかに異常気象。 地球、大丈夫かな…。 
めちゃめちゃ心配してしまいます。
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-08 18:50 | England

クリスマスのロンドン☆

今日は久しぶりにロンドンにお出かけしてきました。 
私の通っていた大学のOB & OGがイギリスにもたくさん住んでいて、その中のメンバーで不定期に開催されているランチ会というのに初参加で行ってきました。
今日は7名の参加で、最近はやりの本の話やロンドンでおいしいお店の情報交換などなど、久しぶりに日本語でペチャクチャおしゃべり。楽しかった~♪

今日行ったのは 『So』 という創作和食のお店。
最近はイギリスでもおいしいレストランがかなり増えてきましたが、和食も例外ではなく。

f0041761_7391254.jpg長くフレンチを手がけてきた日本人シェフの
お店ということで、お野菜中心のランチコースを非常においしくいただきました♪
お茶も日本のお茶屋さんから特別に仕入れているようでとってもおいしかったです。
ロンドンで日本食というとびっくりするほど高いのですが、ここはまぁまぁ。
また機会があれば、今度はDinnerを楽しみたいなぁ~と思います。


さて、ここ最近のイギリス。 すでに16:00を過ぎる頃には日が暮れて真っ暗です。
その分、夕方の早い時間からクリスマスのイルミネーションがきれいきれい!
今日はちょっとお買い物もしたので、そんなロンドンのクリスマスの風景を少しですが…。

f0041761_753406.jpg
アーケードの中もクリスマス一色 
f0041761_7535899.jpg
大きなデパートは壁一面にイルミネーション

f0041761_751158.jpg
~ おまけ ~ 
ロシア人スパイが毒を盛られた(らしい)おすし屋さん。
Piccadilly Circusというロンドンで一番の
繁華街にあります…(汗)
この周辺は放射能、飛びまくりか?! 

実際のところはレントゲンより弱いみたいなので、
直接口にしないかぎりは問題ないみたいです☆
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-07 07:56 | England