カテゴリ:England( 42 )

夏時間にかわりました。

今日からイギリスは夏時間に変わりました♪ 1時間ずれるだけなのになんかうれしい。
一番の要因は日が長くなった気になるからかな…。 19:00ぐらいまで明るいもの!! 

ということで日本との時差は8時間になります。 
日本の時間に 『4』 を足して、amとpmを入れ替えてくださいね~。 

 <日本>     <イギリス>
  7 : 00   →  23 : 00
 12 : 00   →   4 : 00
 18 : 00   →  10 : 00
 21 : 00   →  13 : 00        

ってなかんじです。 よろしくお願いします。
[PR]
by masakong_UK | 2007-03-25 22:09 | England

チャールズ皇太子は戦闘機が操縦できるらしい。

今日は英国についてのトリビアを少々。 

そもそも一般的に 『イギリス』 って呼ぶこの国、他にも 『イングランド』 やら 『UK』 やら
『グレートブリテン』 などなど色んな紛らわしい名前が存在するけど正式名称は何なの?!
というのが私の上陸時、第一の疑問でして。

正式国名は、『United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland』 です。
和訳は、『グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国』 ということらしいです…・。
『グレートブリテン』 というのはいわゆる日本の 『本州』 みたいな感じで 『島』 の名前です。
グレートブリテン島には、イングランド、ウェールズ、スコットランドの3つの国が存在し、
それにアイルランド島の北部にある北アイルランドを足した4つの国の連合王国なのです。

  知ってた??

でまたここでトリビアなのが、イギリスの国旗。 なんと4つの国のそれぞれの国旗を足すと
かの有名な赤、青、白からなる 『ユニオンジャック』 が完成するのです。

f0041761_19353897.jpg
  知ってた??

ちなみに一番右のウェールズの旗はどこに行っちゃったの??ってかんじですが、これは
英国旗制定時の1603年にはすでにウェールズはイングランドに併合されていたからだとか。

この事実を知ってから色々と気になることもありつつ。 一番気になったのはサッカーの
ワールドカップ。 "イングランド" とか "スコットランド" とか、一つの国から2チームも出せる
なんてなんだかずる~い。 オリンピックだったら4つの国がまとまって束になってかかるのに
サッカーという得意分野だと選手層が厚いから2チーム?! なんかずるいなぁ~なんて。
これには色々と理由もありそうなのでまたいつか調べてみようかなぁ…。 と。

ちなみにちなみに。 英国の面積は北アイルランドも含めて日本の3分の2だそうな。
そこに人口は半分だっていうんだから、日本がどれだけ混んでる国かが想像つきます…。

さて、話が長くなりますが、今回私が書きたかったのはタイトルにもあるとおり、
「チャールズ皇太子は戦闘機が操縦できるらしい」 ということ。 いかにもスポーツ系が
ダメそうな風貌ゆえ、(チャールズ皇太子、ごめんなさい…)、私は一番驚きました。

そもそもこの話題、チャールズ皇太子の次男坊であるヘンリー王子 (もう22歳なんだよ。
知ってた??) が4月から所属部隊とともにイラクに派遣されることから知ったのですが。
立憲君主制の英国では、現在、軍の最高司令官はブレア首相という位置づけではありつつ、
やはり過去の歴史からもわかるとおり、国王が先頭をきって軍隊を率いるというなごりが
残っているらしい。 ということで国の君主たるや、陸海空軍で訓練をつみ、軍の要職を歴任
して兵士と接することを絶やさないという姿勢は大事なんだそうな。 ということで "あの"
チャールズ皇太子も空軍で訓練をつんだため一応、操縦できるそうですよ、戦闘機。 

f0041761_19595294.jpg
ただ現実的に考えて、直接的に王位継承に重大な支障をきたしうる、国王直系の長男の戦地派遣は問題ありありなようで、次男坊のヘンリー君に白羽の矢がたったようなかんじ。
本人も今では行く気満々のコメントを発表してますが
本音はいかに?! 
何かあったらえらいことなので、実は周りの同僚も余計な任務が増えて迷惑?! 足手まといにならなければいいのですが…。


f0041761_2032693.jpg
王室といえばもう一つ気になるのがこのツーショット。
今では見慣れたこのツーショットも、なんとなく
違和感あるのは私だけ?? 
ダイアナさんもカミラさんもどっちも気の毒よね…。

f0041761_2015136.jpg


それにちなんでこの二人。
我々がこっちにいる間にロイヤルウェディングが
実現するといいんですけど。 見たいな~パレード。
やっぱり好きな人同士で結婚した方がいいよね~。
君たちはお幸せにね♪♪
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-22 20:20 | England

おらが街にも…

私の住んでいる街にはスーパーが二つありまして。 どちらも規模は小さめです。
片方は 『成城石井』 とか 『明治屋』 みたいなかんじでちょっと高級目なお店。
生鮮食料品も新鮮なものが多いので、食品はほぼ100%そっちで買います。
もう一方は 『ダイエー』 とか 『サミット』 みたいなお店。 まさに庶民の味方♪
ただコスト優先のためか、野菜などの質はいまいちなので、こちらでは主に雑貨類、
ティッシュや洗剤などを買ってました。

さて、そんなおらが街に、このたび新しく 『JUSCO』 or 『イトーヨーカドー』 クラスの
巨大スーパーが誕生!! 今ある二つのスーパーのちょうど真ん中を取ったぐらいの価格帯。

f0041761_4114052.jpg
何がすごいってとにかく面積がめちゃめちゃ広いので、
見てるだけでも楽しい~。
アメリカのスーパーみたい♪

今までは2件をはしごしていたのですがこれからは3件に。
でもそのうち慣れてきたらここ1箇所だけですべての
お買い物が済みそうな予感。 
便利になって嬉しいかぎり♪
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-21 04:16 | England

虹です。 久しぶりかも。

週末、ゴルフの打ちっぱなしに行ったらきれいな虹が出てました。 かなり久しぶり。
f0041761_19384075.jpg

スイングをチェックするために持参していた
Lumix (動画を撮るので) で撮影。 
コンパクトだけど、Lumixもなかなかやるじゃん♪
[PR]
by masakong_UK | 2007-02-26 19:39 | England

雪だよ~

昨晩からイギリスには珍しく大雪が降りました。 一時やんだのですが、今また降ってます。
f0041761_17504912.jpg

だいたい10センチぐらい積もってるかな。 これだけ積もっただけでイギリス中は大混乱。
高速は大渋滞、電車も遅れるわ飛行機(国内線)もどんどんキャンセルになるわ。
夏の暑いときにも電車止まりました。 雪が降っても止まります…。 
どっちかぐらいは得意になって欲しいもんですが。 まぁこれもイギリス。 慣れました♪

それにしても雪が降ると、いつも静かなところがもっともっと静かになります。
ちょっとした音もすべて雪が吸収してるんでしょう。 「これが静寂か~」ってかんじ。
音がなく、空気もキリッと澄んでるかんじで、こういう雰囲気はすごく好きで落ち着きます。
会社に行ったりしてると交通マヒでイライラもするんでしょうが、私は久しぶりの雪にワクワク。

昼過ぎに雪がやんだら雪だるまでも作ります。 意外と精神年齢低めなんで(笑)
[PR]
by Masakong_UK | 2007-02-08 17:56 | England

ランチ&お茶 @ Petersham

今日はお友達とランチ。 幸いにも今日もお天気は晴れ。
西ロンドンのRichmondにある "The Petersham Hotel" でのんびりランチをしました。

Richmond Parkをのぞむ丘に建ってます。 テムズ川も見えて眺めは最高♪
f0041761_70893.jpg

お料理も大変おいしかったのですが、その後に行ったカフェがすごく素敵だったので
今日はそちらの写真を多めに掲載。

Peterham Hotel から丘をちょっと下ったところにあるのが "Petersham Nurseries"
園芸用品やお花の苗を売っている農園で、温室にレストラン&カフェが併設されています。

木やレンガで作られたカフェは素朴であったかい雰囲気。 こういうところ大好きです。
f0041761_7105159.jpg


カジュアルな雰囲気の割にお茶は結構本格的。 奥にはレストランの厨房があります。
f0041761_7125781.jpg


ここのレストランはお食事もおいしいと評判で、平日にもかかわらず結構人が入ってました。
春になってもっともっとお花がきれいな季節にぜひ試してみたいなぁ~と思ってます。 

お茶の後、友達の家にお邪魔してまたおしゃべり。 気がついたら20:00でした…(汗)
[PR]
by Masakong_UK | 2007-02-07 07:17 | England

のんびり休日 @ Winsor

この木曜日から、ロンドン近郊は奇跡的に晴れ続き。 
今日も朝から雲一つない青空が広がっていたので、お外でのんびり休日をすごそうと。
とは言ってもまだ2月。 イングリッシュガーデンはまだまだBest Seasonにはほど遠く。
お花が咲いてなくても結構見ごたえがあってお散歩も出来る場所ということで、
ウィンザー城で有名な "Winsor" の街をのんびり探索することにしました。

うちから車で15分ぐらいの距離にあるのに、なんと去年の春にママと訪れたきり。
しかもその時はお城の中をメインに見て廻ったので、ゆっくり街を歩くのは今日が初めてです。

f0041761_4254096.jpg

ウィンザー城の南側に延びる "Long Walk" は犬を連れた人や家族連れがお散歩

f0041761_21142239.jpg

今日はお城の中ではなく、周囲を中心に散策。 お城の西側にはハイストリート。
私が住んでる街よりこじゃれたお店が多くていい感じでした。 

f0041761_4451522.jpg

さすが城下町(?!)。 ちょっとした路地にあるお店も歴史を感じます。

f0041761_4482738.jpg

noodleさんのアドバイスを参考に。 縦構図でも色々撮ってみたり。


こうして色々撮ってみると、日陰で撮った写真はめちゃめちゃ暗く、日向で撮った写真は
かなり明るいということに気づきますねぇ~。 ホワイトバランスとか露出をもうちょっと
こまめにいじらんといかんのかもね。 あーやっぱり奥が深いな、写真って。
[PR]
by Masakong_UK | 2007-02-04 04:52 | England

24 Season Ⅵ

今日のBlogはかなり長いです。 ドラマ"24"に興味のある方だけお読みください☆
---------------------------------------------------------------------

今日、何気なくテレビを見ていたらこんなメッセージが出るCMを発見。

 『 Visit "www.ctuagent.com" your pass is D9D5JJ 』

ドラマ"24"を見たことある方ならご存知の、黒い背景にデジタルの黄色い文字。
音声は例の時計の秒針の音。 ただそれだけのCMが1時間に1回ぐらい流れました。

そんなの見ちゃったら気になるじゃないですか。 
思わずPCを開いてパスワードと携帯番号&メールアドレスをInputしてログイン。
TVで堂々とCMを流すぐらいだから、多少個人情報を入れたところで大丈夫だろうと。
どうせメルアドはHotmailだし。

すると、CTUのデータベースにログイン完了。
Agent Masakongには、レベル3のクリアランスが与えられました。(笑)
過去のSeasonのテロリストの情報やらなにやらが見れるのですが、とりあえずそれだけ。
「なーんだ。 これだけか。」 と思いながらパソコンを閉じました。

今日は夕方から彼が出張に出てしまい暇。 夜になってのんびり一人でTVを見ていると
初めて見る番号から携帯電話に電話がかかってきました。 番号は『01207-242424』。
あやしいなぁと思いつつ通話ボタンを押して電話に出ると。

『この電話が盗聴されていないことを確認してよく聞け。Jack Bauerが助けを求めている。
数分後に彼から連絡があるはずなのでその指示に従って欲しい。 なお、CTU内部に
内通者がいるので、この電話のことは誰にも話してはいけない。』

と、男の声でメッセージが。 明らかに録音されてる声なんですが、Masakong大興奮!!
そういえば昼間にCTUのWebにアクセスしたなぁ~とようやく思い出したりして。

すると5分ほど経った後、携帯電話のショートメールで下記の連絡があり。
差出人名は当然 『Jack Bauer』 (笑)

 『 Go to "www.pandoraexports.com" enter "client"
   and use code f3p4gh 』


とのこと。

またまたPCを開いてアクセス。 ふつ~の運送会社のHPの中にLAの情報が出てきます。
しかしこれと言ってたいした内容でもなく、またしても 「これだけ??」 と。
すると今度はそこから10分もしないうちにまたショートメール。

 『 Go to "www.thechinese-embassy.com" click the red logo,
     use hotkeys SHIFT F G, and input code ah92jc 』


と。 ここまできたら最後までお付き合いするしかありません。
さっそくPCを開いてまたまたアクセス。 中国語が並ぶHPの中を言われたとおりに
進んでいくと…。 ドクロのマークが多数出現!! 「え~?! ウィルス?? TVなのに~。」
とショックを受けた次の瞬間、
 
『24のSeason Ⅵは21日の21:00から2時間でお送りします!!』

という番宣が、おまけ映像とともに出てきました。 
いや~これだけのことを宣伝するのにえらい手が込んでいること…。
しかも何気なくHotmailのメールボックスを開くと、ご丁寧に、CTUのDirector、
Bill Buchananからメールが来てました。(笑)

「しょ~もな~!!」 と思いながらもこういう遊び心が大~好きな私、一人の夜でしたが
大いに楽しませていただきました。 いやはや、笑わせていただきましたよ。
Jack Bauerからメールって、実際に貰うとかなり興奮しますよ!!
残念ながらイギリスにいないとこのゲーム(?!)には参加できないんですが、上記Blogの
太字部分だけは皆さんもお試しいただけると思うので、お暇な方はぜひ。

ということで、24 Season Ⅵ、21日から始まります☆
[PR]
by masakong_UK | 2007-01-15 06:34 | England

Christmas Pudding

今日はクリスマス☆ 日本ではクリスマスイブの夜にご馳走を食べたりお祝いしますが、
イギリスではあくまでも本番は25日。 25日に家族で集まってお祝いをします。
お昼からご馳走を食べて、締めくくりのデザートは 『Christmas Pudding』 ♪

こちらに来るまでは存在すらも知りませんでしたが、イギリスでは必ずと言っていいほど
クリスマスの食卓にはなくてはならないもののようです。

さてさて。 Christmas Puddingとは??
プルーン、レーズン、ブルーベリー、くるみ、りんご、スグリ、さくらんぼ等の莫大な量の
ドライフルーツがふんだんに入った、茶色くてねっとりしたお菓子です。 
およそ1年くらい前に作り、クリスマスの当日まで保存して置くそうですが、今ではちゃんと
手作りをする人は少ないようで、11月に入る頃から、たくさんの種類をスーパーなどで
売り始めます。

郷に入れば郷に従え。 というか食べたことのないものへの好奇心の方が強いのですが、
我が家もちっちゃ目のやつを購入。 さっそく本日いただきました。

f0041761_7395469.jpg食べ方は簡単。 

お椀型の容器に入ったPuddingを
蒸して暖かく&フワフワにします。
そこにブランデーバターをたっぷりと
つけていただきます♪

ブランデーを直接Puddingにかけて
それに火をつけてフランベして
食べたりもするそうですよ。


気になるお味は?! 色んなドライフルーツが入っていて、さらにブランデーバターのお酒も
結構強いので大人のお菓子っていう感じでした。
フランス菓子のように軽くていくらでも食べれちゃう☆ というかんじではなく、まさに素朴な
「イギリスのお菓子」っていう垢抜けない味ですが、私は結構好きでした。

スコーンもそうですが、イギリスってあまりおいしいお菓子がないんですよね~。
お口の中がモソモソして飲み物なしではきついかんじ。 でもそこがまたいいところというか。
たまに食べたくなる味だから不思議です。


さて。 クリスマスも無事に終わったところで、明日からバケーションに行ってきます。
クリスマスや年末年始をはさむとホテル代や飛行機も高いので年末までには戻ります。
この冬は寒いイギリスを脱出して南へ。 南スペインのコスタ・デル・ソルへ行ってきます。
もちろん目的は 『食+食+食』 そして 『飲』。 いや、むしろ 『呑』 か?!

みなさまも年末の暴飲暴食にはお気をつけくださいませ~☆
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-26 07:46 | England

驚愕の新事実発覚!!

先日、無事に真犯人も見つかり、一件落着かと思われた 『球根荒らされ事件』 に
新たな新事実が発覚いたしまして、腰を抜かしそうになったMasakongであります。

年末も近づいてきたので庭もきれいにして年を越そう!! と久々に寒いのを堪えて
庭に出ましたところ、球根を植えた鉢から見慣れない物体がニョッキリと顔を出している。

  はて。 あれは何??

庭仕事を始めてから、見たことないような新種のきのこやら小指の太さほどもあろうかという
大ミミズ君との遭遇などなど 『ひょえ~~!!!』 と叫ぶことも多々ありつつ。
しかし今回見つけたものは明らかに見た目が変。 こわごわスコップで掘り返してみると…。

f0041761_21145748.jpg

スライスされたパンでした…  


     (-_-*)


いったいどこの家で拾ってきたのよぉ




なんなんだろう。 この微妙な敗北感…。 リスに。 またしてもやられた…。

すべてを理解するのに3分半ぐらいかかりましたが。
どうやら彼らは、球根を掘り返して別の場所に隠すより、どうせ球根が植わってるんだから、
『この植木鉢を隠し場所にした方が楽じゃねぇ??』 ということに気づいた模様。

うーむ。 敵ながらあっぱれ。 まさか鉢からパンが出てくるとは思いませんでしたわ、私も。
しかも結構深く掘って隠してあって、パンの端っこがちょっと出てるぐらいでした。
きっと底の方まで掘り返すと、さらに見たことないものがいっぱい出てきそうなかんじ。
来年の春になったらきれいな花が咲きつつ、鉢から悪臭が漂わないことを祈ります…。

アーメン。
[PR]
by masakong_UK | 2006-12-22 21:19 | England