カテゴリ:Flower( 58 )

お庭から。 春ですなぁ~

ここ数日のいいお天気でお庭の花がすっかり満開に。 
外ばっかりじゃつまらないのでちょこちょこちょん切って家の中に持ってきました。
f0041761_2571323.jpg




ガラス張りのコンサバトリ、晴れの日は写真撮るのに絶好の場所だと気づきましたよ。
文字を入れるとセンスがないのか(涙)、なんだか野暮ったくなるのが最近の悩み。 
f0041761_2583745.jpg

毎回TRYはするんだけど。 
結局載せるのは文字無しなんだよね…。 
難しいなぁ~。
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-06 02:58 | Flower

イングリッシュガーデン(もどき) 始動!

ここ最近はイギリスもだいぶお天気がいい日が増えてきて、気温も暖かくなってきました。
夜中に雨が降って朝起きると地面が濡れているけど、日中はきれいな青空が広がるという
典型的な "これぞイギリス" 的なお天気。 いよいよ長かった冬が終わって春の気配♪

冬の間は静かだった我が家の庭も、ここ最近の暖かさで
徐々に活動を開始。
f0041761_23242972.jpg
かわいい花がちょっとずつ咲き始めたのでなんだかとっても幸せな気分~♪
まだまだゆっくりなのでお庭全体が満開になるのは4月頃に
なりそうですが、確実に春はすぐ近くまで来ているなぁ~
と実感。 楽しみです。
[PR]
by Masakong_UK | 2007-02-21 23:27 | Flower

Today's Design "Valentine Arrangement"

日曜日からまた彼が1週間出張に出てしまうので、来週のバレンタインは不在。
何もしないのもちょっと。 ということで、この週末におうちでバレンタインディナーを準備して
のんびり楽しもうと思います。 せっかくなんでがんばって3コースを作ろうかと。

今日はそのためにお花を準備。 バレンタインのイメージで甘いピンクのPOSYを作りました。
f0041761_1394790.jpg

キャンドルとオアシスを使ってテーブルアレンジメントを作ろうかとも思ったのですが。
やっぱり花瓶にそのまま挿している方が長持ち&ナチュラルな雰囲気もあって好きなので
今日はそっちにしてみました。 かわいらしい雰囲気で、ステムは短めのPOSYタイプです。
[PR]
by Masakong_UK | 2007-02-10 01:40 | Flower

我が家もいそいそクリスマス。

この週末、我が家もクリスマスの準備をぼちぼち&いそいそと始めました。
デパートとかモールは11月に入った瞬間から、オレンジ色のハロウィン一色からクリスマスへ
一気に模様替えが進んで、かれこれ1ヶ月近く、日本人の私にとってはすでにお腹いっぱい、
充分クリスマス気分を堪能したわけですが…。
本番はまだまだ1ヶ月も先ということで、じわりじわりと、
さらなる盛り上がりを見せている今日この頃です。

f0041761_19143249.jpgさて、クリスマスといえばやっぱりツリーがなくては!!
ということで買ってまいりました、実に170センチの
クリスマスツリー。 …でかいよっ!! (汗)
でもこれより小さいものというと30センチぐらいの
卓上用とかになってしまって、いくらなんでもそれじゃ
小さすぎるか…。 ということで170センチ。 …。
間のサイズがほとんど存在しないあたり、なんだか
ジャンボリーな外国って感じです。
でもこのサイズで10,000円ぐらい。
日本より安いと言えばまぁ安いかな…。

飾りつけはごらんの通りまだスッカスカ。
今年ももう少し買う予定ですが、これから何年も
かけながら、気に入ったオーナメントを集めて
いこうかなぁ~って思ってます。 

と言うのも。
ダンナ君の実家にはこれの1.3倍ぐらいのツリーがあって(驚!)、ママが毎年飾りつけを
していて、それがまぁきれいきれい☆ 一見、色んな種類のオーナメントが無造作に吊るして
あるようで、それがまたすごく素敵なんです。 家族の歴史が詰まってるかんじ。
私もがんばって、毎年一つ一つ思い出に残るようなオーナメントを集めていきたいなぁ~と。 
日本に帰ったらどこに置くかって?! それは帰ってから考えますよ…(汗)。 B型だもん。

f0041761_19144569.jpgそして先日のお花。
白い爆弾形キャンドルがいまいちだったので
ゴールドのキャンドルに変えて作り直し。
やっぱりこっちの方がクリスマスっぽいかな。
先日作ったクリスマスリースも壁に吊るして、
家の中はすっかりクリスマスムード。

あとは、近所の家がそろそろ家の周りをライト
アップしそうな雰囲気があり若干おびえている私。
やっぱり周りがやり始めたらうちもやらないわけ
にはいかないだろうなぁ~と。 あのライト+電気代はいくらになるのだろうか…(涙) 
地味目だったらありがたいんだけどな…。
[PR]
by masakong_UK | 2006-11-27 19:17 | Flower

Traditional English Christmas @ Judith Blacklock

f0041761_7394224.jpg今日は久しぶりにロンドンでお花の
1Day Lessonを受けてきました。

今まで通ったところではいまどきの
Contemporaryなデザインを
勉強することが多かったのですが。
せっかくイギリスに住んでいるので、
伝統的なデザインも勉強したくて、
そういう学校&コースを選びました。
Judith Blacklockという学校で、
ショップはついていません。


f0041761_7371156.jpg
午前中はTable Arrangement。

丸いキャンドルを真ん中に置いて
その周りをヒバの枝やバラなどで
飾ります。 色もMixして、花の
挿し方も全体に散らばるように。
これはこれでとってもかわいらしい
雰囲気に仕上がって満足です。


難を言えば、真ん中のキャンドルの白が浮いてる気がするので、下のお皿&小枝の色と
あわせて、ゴールドのキャンドルに変えたいなぁ~というところ。 明日変えてみよ~っと。


f0041761_7372540.jpg
午後はクリスマスリースを作りました。

芯にMossを巻きつけて、ヒバの枝を
一本一本ワイヤで留めていきます。
めんどくさい作業だけど久しぶりだし
とっても楽しめちゃいました。
過去にも何度かやったおかげで作業も
かなりスピーディーに終了☆
ヒバの枝がとてもいい香りなので、
Mossの酸っぱいにおいも、今回は
しっかりカバーしてくれてます。


デコレーションは午前中のTable Arrangementと同様に、全体に均一に散らばるように
挿していきます。 雰囲気はちょっと子供っぽいかんじになりがちですが、あまり多くの色が
入らないように工夫するとこのデザインも素敵~♪

奇をてらったような斬新なデザインも目新しくて素敵ですが、今日のようなTraditionalな
アレンジもかえって新鮮な気がしました。 特にクリスマスのような伝統的&ちょっと神聖な
行事の時はこういったアレンジの方がしっくりくる感じ。
レッスンはとてもフレンドリーな雰囲気ですすめられて、ショップを併設していないスクール
だけあって、教え方もすごく丁寧。 お花も新しくてきれいだし、非常に満足な1日でした。
今日のようなところでレッスンを受けてみると、ショップが併設してあるスクールはなんとなく
バタバタとせわしなかったかなぁ~と初めて気づきます。
たまにはじっくりと腰を落ち着けて、ゆったりとTraditional Designを勉強するのも
悪くないなぁ~と。 また別のレッスンを受けてみたいなぁと思うスクールです。 
[PR]
by masakong_UK | 2006-11-24 08:02 | Flower

Today's Design "Christmas Arrangement"

f0041761_20512516.jpg
久しぶりに大作作りました。
見た目は地味だけど結構大きくて。
思った以上に手間がかかりました。

土台はなんと紙粘土。
十数年ぶりのなつかしい感触~。
紙粘土の土台にドライの実もの系を
地道に地道に接着剤で固定します。
乾いたらさらに実ものを積み重ね積み重ね…。


キャンドルの間には小さいウォーターチューブというもの (お店で蘭とかを買うとよく根元に
ついてくる"あれ"です。) を差し込む穴があって、そこに生のお花を挿してます。
バラが枯れたら新しいお花に変えられるので、雰囲気も色々楽しみながらクリスマスまで
新鮮なお花が楽しめるように、ドライと生花を組み合わせられる燭台タイプを作りました。
f0041761_2046868.jpg

自分のアレンジメントのスタイルと言えるほどまだちゃんとしたものはないのですが…。
最近プリザーブドフラワーとかのアレンジメントがはやっている中、やっぱり私としては
生のお花にこだわりたいなぁ~という思いはだんだん固まってきました。
そしてそれができるだけ長く楽しめるようにアレンジを作りたいなぁと思います。
かっこよくて素敵なアレンジは色々あるけれど、一瞬を見せるためのアレンジメントは
私としてはあまり好きではないかも。 以前作ったカルメンローズのように…。

生のお花はすぐに枯れてしまうから高くてなかなか手が出せない…。 という大半の主婦の
ためにも経済的かつ素敵なアレンジメントを作っていけるようになりたいなぁと。
思うわけです、最近ね。

ちなみに今回のアレンジ、キャンドルやらバラの花やらを入れても材料費は1,000円も
かかってないんだよ~ん。 
[PR]
by masakong_UK | 2006-11-14 20:50 | Flower

気合の庭仕事

今日は朝から、重い腰を上げて大々的にお庭の手入れをしました。
先週末の霜のせいですっかり庭の花が枯れてしまい、春に向けて新しいお花の苗に
植え替えないといけないなぁ~と思いながらもあったかい家の中から出ることができず…。
このまま時間だけが経ってもあとは寒くなっていく一方なのでここいらで気合一発☆ 
いざ始めてみると、お昼ごはんも忘れて夢中になっちゃいました。 B型です。 (^_^;)

f0041761_2244275.jpg切り株の上の鉢は、先日ママに手伝って
もらいながら球根を色々植えたもの。 
スイセンとかが植わってます。

今日は切り株の周りの花を撤去して、
新しくパンジーの苗を植えました。
色はミックスカラー。 どんな色の花が
咲くのか、春までわかりませ~ん。 
むふ。 楽しみ。


f0041761_2242695.jpg春に植えたバラがうまく根付いてキレイな花を
咲かせています。 今年2度目。
これに気をよくしたMasakong、今日はもう一個
別の種類のバラの苗を植えてみました。

今度は香りの強い黄色いバラで、今あるピンクより
背丈も大きくなる種類です。
さーて、うまく咲いてくれるといいんだけど…。

来年の春のテーマカラーは黄色&紫です。
去年はピンク一色だったのでちょっと違うお庭ができる予定です。 お楽しみに~☆ 
[PR]
by masakong_UK | 2006-11-08 22:50 | Flower

Happy Halloween♪

f0041761_1862229.jpg 今週はHalloween!
 ということで我が家も雰囲気を出そうと
 Jack-o'-Lantern、作りました。
 この時期スーパーに行くと、特大のかぼちゃを
 山ほど売ってるんですが、そんなに大きいものは
 くりぬくのも大変なのでちょっと小さめで…。

 せっかくなんでこじんまりとハロウィンパーティー。
 と言っても二人だけですが…(笑)
 こっちのかぼちゃは煮ても焼いてもおいしくないので
 つぶしてスープにしました。
 スープにするとそれなりに食べられるもんで。
[PR]
by masakong_UK | 2006-10-30 18:10 | Flower

Vase Arrangement @ McQueens

f0041761_1784497.jpg今日はまたまたnoodleさんと一緒に
McQueensというお花屋さんの
Vase (花瓶) Arrangementの
1日レッスンを受けてきました。

ロンドンのフローリストでのレッスンは
Jane Packerに続き2件目ですが、
お店の雰囲気もレッスンの教え方も
全然違ってとっても面白かったです。


まず、午前中はひたすら先生によるデモンストレーション。 
主に大き目の花瓶をたくさん使って会社の受付とかホテルのロビーとかに置けるような
アレンジメントを10パターンほど教わりました。
色使い、花合わせもJane Packerとはちょっと違うし、初めて習う花留めの方法もあったり、
かなり使えるポイントがいくつもあって結構いい勉強になりました。

レッスン風景f0041761_18254898.jpgf0041761_18512077.jpg                      
















f0041761_18271245.jpg
午後からは実技。 決められた花材と花瓶を与えられて、デザインは自由に。 というJane Packerと違い、デザインから花瓶から花材まですべて自由! 
すべてが自由に!好きなものを! というのは楽しいけど、
思ってる以上に難しいもんです…。

私はでっかい花瓶を1個選んで、ホテルのロビー用を
イメージしてアレンジ。 好きな花を選んで。と言われると
早い者勝ちになってしまうので、思った花が使えずに
ちょっと残念でした~。 
自分としても70点ぐらいの出来です…(涙)



f0041761_18475771.jpgお持ち帰り用には、小さめの四角い花瓶を9個使って
ミニミニアレンジを作りました。
同系色の違う花にするか、色は違うけど
同じ種類の花にするか迷いましたが…。
Jane Packerでは許されなかった違う色シリーズで
チャレンジ。 3色のバラを使いました。 
同系色も落ち着いてていいですが、
色々ミックスも華やかでかわいいですよね~。

この色々ミックスアレンジは、現在我が家の階段の隅に1段ずつ飾ってあるのですが、
とってもかわいいですよ♪♪ ダンナ君は 『結婚式場みたいだ…』 と言わんばかりに
ちょっと引き気味(笑) 

同じロンドンでもフローリストによって色んなカラーがあって、とっても楽しかったです。
お花の質は、残念ながらJane Packerの方が全然よかったですが…。
McQueensの方が全体的にお店の雰囲気も雑然としているかんじで、Jane Packerの方が
お花を丁寧に扱っていて、お店の整理整頓も行き届いていたような気がします。
お花の組み合わせは、単調気味のJane Packerより斬新な印象を受けました。
色んなところのいいところを盗みつつ、センスを磨いていけたらいいなぁ~。
[PR]
by masakong_UK | 2006-09-22 18:10 | Flower

Jane Packerのすごいところ

無事に4日間を終了いたしました~。 疲れた~。
生徒で習っていた時には優雅にゆったり、お花のお稽古♪ というかんじでしたが、
やはり実践となると、ショップやワークルームは戦場のように忙しく…。(笑)
実際にお客さんの顔を見ながら商品を作っていくというのは、いい経験になりました。

でもこの4日間で得たもので一番大きかったのはやっぱり、Jane Packerのすぐそばで
彼女の花と仕事に対する姿勢を見ることができたこと。
自分の店を大事にしているのがひじょ~によくわかりました。

店の前の街路樹、お店の持ち物ではないにもかかわらず、 『Jane Packerの店の前の
植木が枯れていては格好悪いでしょ♪』 と、店員に水やりを指示したり。
仕事の合間をぬって雑誌などに載せるアレンジメントを作ったりするのですが、その時に
使ったリボンは30センチぐらいあまっただけでも無駄にせずに大切に保管。
スタッフは毎日毎日の仕事に忙殺されていて、しかも典型的な(?!)イギリス人というかんじで
自分の範疇外の仕事はほとんどしない中、Janeは自分の店をよりよくするために自ら
仕事部屋に掃除機をかけたりもします。 
とにかく他の人が気づかないような細かいところによく気がつくこと!!
でもそこが、普通の花屋さんとはちょっと違う!と思わせる大切なポイントなんだと思います。

今やアメリカ、日本、韓国にも進出しているJane Packerブランドですが、彼女の原点は
やはりこのロンドンにある1つのちっちゃいお店なんだと。 
彼女がフローリストとして成功した理由が、なんとなくわかった気がします。
[PR]
by masakong_UK | 2006-09-02 04:57 | Flower