カテゴリ:Maternity( 20 )

イギリスの妊婦事情 ~ 出産当日 ドキュメンタリー編 ~

21日の床上げも過ぎて。 ほぼフル稼働に復活しましたMasakongです。
Blogもチビチビと更新予定なのでまたよろしくお願いします~♪

ということで復活第一弾。 出産当日のことを振り返ってみようかと。
長い長い日記になるのでお時間&ご興味のある方だけどうぞ。

2007年12月31日
  0:00過ぎ  いつも通りベッドに入ると、なんとなくお腹が痛い気がする。
       15分おきぐらいに波があるかといえばそんな気もする。
       「おっ?! 陣痛か?!」と思いつつ、あまりにさりげない痛みなので
       気にせず寝ることに。
 
  5:00    トイレに行きたくて起きる。夜中に比べると若干痛みが強くなり、
       トイレの後も眠れないのでそのまま起床。ダンナと母にも伝えて
       起きてもらうことに。とは言いつつ、まだまだ余裕の痛みなので
       しっかり朝ごはんを食べてシャワーを浴びる。 

 10:00    痛みが5分おきぐらいになってきたので病院へ。
       でも「陣痛ってこんなもんか?!」と思うぐらいの痛みでこの時は余裕。
       あとあと「陣痛をナメてました。ゴメンナサイ…」と反省することに
       なろうとは知る由もないMasakongであった…。

 11:00    イギリスにて初の内診(笑) 子宮口が3センチ開いており、
       このままいけば大晦日の夜に出産になるであろうとのこと。
       ぎりぎりのタイミングで、縁起がいいとされる黄金の豚年(猪年)の
       出産に間に合うかも?! とちょっと期待。

 12:00    数ある部屋の中から、偶然にも、前回Blogでふれた部屋
       通されることに。イスには母が座り、ダンナがビーンクッションへ(笑)
       私はベビィが降りてくるように、せっせと室内を歩き回る…。
       疲れたらバランスボールにまたがってボイーンボイーンと体操。

 15:00    室内をウロウロ&バランスボールをボイーンボイーンすること数時間。
       再度内診をするも、子宮口3センチから進まず。陣痛は3分間隔。
       さすがに痛みも強くなってきて、ダンナが腰のマッサージをしてくれる。

 17:00    子宮口が5センチ開く。よっしゃー!! と気合を入れなおして
       さらにせっせと歩く&ボイーンボイーン。

 20:00    陣痛の痛みも相当強くなってきたのでそろそろ産めるのか?! と
       期待しつつ、3回目の内診。しかし。子宮口の開きは6センチ。
       初産であることを考慮したとしてもあまりに進行が遅いため、
       22:00まで待って人工破水させるかどうかを決めることに。

 22:00    4回目の内診。子宮口は6センチから変わらず。
       人工破水させるため、1階のLabor Wardに移動することが決定。
       陣痛はほぼ1分~2分おき。休み休みではあるが歩いて移動…。
       「車椅子とかないんかい!?!」 と思いつつも頑張って歩く…。

 23:00    分娩室なのに、手術着に着替えるでもなく消毒をするでもなく
       ダンナも母も普通に一緒に入室。

       私はというと。人工破水させてから尋常じゃない痛みに襲われ。
       痛みが限界に達していたので「いきんでもOK??」と聞くも
       「赤ちゃんがまだ降りてきてないからダメよ~」とMidwifeがあっさり一言。
       「まだまだだから、頑張っていきみを逃してね!!」 と言いつつ、なぜか退室。
       分娩室に残された私は、ダンナと母と共にひたすら痛みに耐える…。

2008年1月1日
  0:00    まさかとは思っていた分娩室での年越し。
       「Happy New Year!!」と言いながらMidwifeが戻ってくる。
       クッキーとおぼしきものを食べてお口モグモグ。
       おいおい、分娩の最中で席をはずして年越しパーティーか?! 
       頼んますよぉ…。

  1:00    痛み限界。口癖のようになってしまった「Can I Push??」。
       またしてもMidwifeの答えは「Not Yet!!」
       もう限界だよ、勘弁してください…(苦笑)

       さらに追い討ちをかけるように 「早くいきみたければ、赤ちゃんが
       降りてきやすいように立って歩け」 と言うMidwife。
       まだ歩くの?!?! こうなりゃ半ばやけくそ。 分娩台から降りて立ちましたよ…。
       
  1:20    重力の力を借りた甲斐があり、ついにベビィが降りてきた。
       「OK, Now you can push!!」  待ってましたよ、その一言。

  1:45    那帆誕生!! 産まれたばかりの那帆をお腹に載せて、
       ダンナがへその緒をCUT! その後すぐに母乳を吸わせる。
       私&ダンナ&母の3人が感動ムードに浸る中、
       それまでいたって冷静に、むしろのんびりとしていた
       Midwifeの目の色が変わる?! 
       胎盤を出す過程が一番神経を使うらしい。 さすがプロ☆
       
  4:00    入院するお部屋に移動。ダンナと母は帰宅。お疲れ様でした!!
       2008年の初ベビーということで、天蓋付きのスペシャルベッドが(笑)
       病院の皆様の粋なはからいにちょっと感動♪
       母子共にさすがに疲れ切っていたのか、この後2時間じっくり寝る。

  6:00    怒涛の子育て開始。オムツ替えておっぱいあげてゲップさせて、
       オムツ替えておっぱいあげてゲップさせて…。
       うーん。私はいつ寝たらいいんでしょう?!(笑)

f0041761_2365132.jpg
お口モグモグのMidwife。
いつドクターが出てくるのか?!と思ったけど、
結局、人工破水から分娩、その後の母体の
処置まで彼女1人で対応してくれました。
いたって冷静な対応に家族一同、感謝感謝!!



f0041761_2382793.jpg







2008年 ファーストベビー用、
天蓋付きスペシャルベッドとプレゼントの山。
タダで出産した上に、お土産付き。
さすが私の娘です☆ でかしたでかした(笑)





f0041761_2393015.jpg
病院のランチ。
この日のメニューはラザニアと
マッシュポテトとにんじんのソテー。
まずいまずいと言われていたので
どんだけまずいかと思ったら。
意外と食べれるやん?!
イギリスに2年も住んで舌が慣れてきたのかな…(笑)
でもほんと、普通に食べられました。


その後、1月2日のお昼に無事に退院、帰宅いたしました。
色々と悪い評判も多いイギリスのNHS医療ですが、私はここで産んでほんとによかったと
思っています。 彼も妊娠中から出産当日、そしてその後もずっと一緒にいてくれたので
夫婦で頑張って乗り切った!! という充実感でいっぱい♪ 
ちょうど年末年始の休み中に出てきてくれたのもほんとにラッキーでした。
次にまた出産する機会があれば、今回のようにアットホームで自然なスタイルで
臨みたいなぁ~と思ったり。 でも今はまだ考えられないけどねぇ…(笑)
[PR]
by masakong_UK | 2008-01-23 02:43 | Maternity

生後2週間

那帆が生まれて2週間が経ちました~。
1月1日生まれ、日齢やら月齢やらを数えやすくて、親としては大助かりです(笑)

ちょうど2週間が経ったので、充分に休養した私も地味に活動開始です。
赤ちゃん服や布オムツのお洗濯、ちょっとした家事などなど。 
ばばちゃん(私の母)が帰るあと2週間ほどで自分で回せるようにならねばねぇ。

そんなこんなで最近の那帆。 一時落ちた体重も戻って、ほっぺがぷっくりしてきました。
f0041761_23424368.jpg

よく、「目はママ似で、鼻はパパ似」とかパーツごとに似てるという言い方をしますが、
表情によってパパ似だったりママ似だったりするので、正直よくわかりません…(苦笑)
f0041761_23431266.jpg

生ものが食べられなかった私もついにお刺身解禁。 超幸せ~♪
f0041761_23452114.jpg

[PR]
by masakong_UK | 2008-01-14 23:46 | Maternity

お礼

みなさま、お祝いのメッセージ、本当にありがとうございます~♪
Blogへのコメント、Mixi、メールなどにいただいたものすべてに目を通しております。
一通一通お返事をしたいところですが、あまり長い時間PCに向かうのはきびしいので
この場をお借りしてみなさまにお礼申し上げます。

那帆が産まれて5日経ちましたが、ようやくおっぱいサインやオムツサインがわかり始めて、
私も少しまとまった時間、眠れるようになってきました。 
家事全般は母が、おっぱい以外の育児はパパが頑張ってくれているので、とっても楽ちん。
母体の回復第一でゆっくりと休みつつ、空いた時間で親バカ写真の練習中です。

本日はそんな親バカ写真を数枚ご披露して失礼いたします…。
f0041761_0383590.jpg

f0041761_0393333.jpg

f0041761_0395644.jpg

よく見ると寝てる写真ばっかりだわ…(苦笑)
[PR]
by masakong_UK | 2008-01-06 00:40 | Maternity

新年 産まれまして ありがとうございます。

2008年1月1日 am 1:45 に 3,030gの元気な女の子を無事に出産しました。
f0041761_0581820.jpg

大晦日に陣痛が始まって、恐れていた年越し出産…(苦笑)
人生で一番辛い年越しでしたが、人生で一番ハッピーなお正月を迎えています♪
産まれた時間的に、この辺りの2008年First Babyだったようで、病院からプレゼントを
いただいたり、地元の新聞社の方が取材に来られたり。 
思いもよらずハッピーベビーになりました。

名前は3つに絞っていた候補の中から 『那帆(なほ)』 と名づけました。
しばらくは育児に専念するためBlogの更新は滞るかと思いますが…。
今日退院してきて、母子ともにすこぶる体調もいいので取り急ぎご報告まで。
[PR]
by masakong_UK | 2008-01-03 01:00 | Maternity

イギリスの妊婦事情 ~ 出産部屋編 ~

予定日まで5日になりましたが、まだまだ産まれる気配のないうちの姫でございます。
今日は出産前最後の外食の予定、そしてお正月は母が日本から担いできた立派な数の子
なんかを食べる予定にしているので、それを食べるまでは出てこないおつもりなんでしょうか。
やっぱり食いしん坊夫婦の娘は食いしん坊なようです…。

さて。 昨日は、出産予定の病院で、出産&入院にまつわる説明を受けてきました。
私の住んでいる地域では出産設備のある病院が2つあって、1つは難産になった際などにも
対応できる高度医療(と言っても日本では普通の病院レベル)が受けられる病院、もう1つは
リスクの低い妊婦さんだけが出産できる助産院のような病院で、私は1人目の出産なので
出産時の突然のトラブルに備え、念のため前者の病院を選びました。 

前者の病院の中にも、リスクの少ない妊婦さんがゆったりと出産できる 「Birth Centre」 と
よばれる助産院のようなフロアと、多胎児や逆子ちゃんで帝王切開などが必要な妊婦さんが
出産する 「Labor Ward」 とよばれる高度医療対応フロアの2つがあります。
私は今のところ特に大きなリスクがないので、「Birth Centre」で出産、何かトラブルが
発生したら、「Labor Ward」 に運びましょう。 ということで入院の手続きをとりました。

     ではでは、気になる「Birth Centre」の出産部屋を大公開~☆
f0041761_1849916.jpg


おや?! ベッドは?! 分娩台は?! ふふふ。 そうなのです~。 ございません!!

部屋の角に積んであるビーンクッションによっかかったり、四つん這いになったりしながら
産むんですって。 あーびっくり(笑) ちなみにその隣においてあるイスはパパ用。
マッサージをしてもらったり、お水を飲ませてもらったりしながら夫婦2人で乗り切ります。
部屋の照明は明るくても暗くても自由、ラジカセで好きな音楽をかけるのも自由。
Midwifeは横についてくれるけど、あくまでも主導権は本人達という超自然分娩。 
私は6月に病院を選んだ時点で一度下見をしていたので知っていたのですが、昨日初めて
見学をしたMasakongママは超びっくり~でした。 そりゃそうだよねー。

この写真はほんの1例ですが、それ以外にもでっかいバスタブが置いてある水中出産部屋、
やっぱり床で産むのは抵抗が…。という人用に平べったいベッドが置いてある部屋などなど、
全部で5つぐらいのお部屋があって、空いていれば好きなスタイルで出産できるみたいです。
さすがにトラブル発生時はLabor Wardの分娩台に移動するわけですが。
さて、どうなることやら?! 未知の世界なので緊張半分、楽しみ半分。 

あと数日もすれば判明しますよ~。 ワクワク☆
[PR]
by masakong_UK | 2007-12-29 18:59 | Maternity

イギリスの妊婦事情 ~ 入院準備編 ~

予定日まで2週間を切りましたがまだまだ余裕なMasakongです。
昨日もブイブイ車を運転してスーパーにお買い物に行ったり、いそいそパンを焼いたり。 
体重が増加してるのでパン捏ねにも力が入っていい出来でした(笑)

それにしても、ほんとに出てくる気あるんでしょうかね~、うちの姫。 
出産本とかを見ていると、この時期は 「お腹が重くて寝られない」 とか 「前駆陣痛という
子宮の収縮がある」 とか 「胎動が減る」 とか 「胸焼けがなくなる」 とか色々と書いて
あるんですけど、いまだにたったの一つも当てはまらない私。 
むむぅー。 もしや1ヶ月間違ってる?! とか思ってしまいます…(汗)

が。 誤診はあってもさすがに予定日まで間違えることはなかろう。
ということで入院の準備は万端。 たった1泊なのにここイギリスではすっごい荷物に…。

     どこに旅行行くねん?! みたいなこの量…。 これでもかなり減らした方。
f0041761_18512580.jpg

会社員時代はこのキャリアーで3泊ぐらいの出張とか行ってたなぁ~。 とか思ったり。 
それが2年経ったら入院バッグに。 以前では想像すらできなかった今の私です。

さてこのカバンの中身ですが。 基本、病院では何も提供してくれないので、出産&産後に
まつわる必要なものがすべて入ってます。 下のキャリアーにはママ&ベビィ用のお洋服。
上のバッグにはベビィのオムツやらママ用の授乳パッドなど、使い捨て用品がパンパンに。
これでも1泊仕様なので、万が一帝王切開になった場合は追加で持ってきてもらわないと
ぜーんぜん足りません。 

以前、里帰り出産をちょっと考えた時があったのですが、その際に日本の産婦人科のHPを
色々と見たことがあり。 「手ぶらで入院OK!」 みたいなところもあるんですねぇ~!!
もちろんそういうところはお値段も高かったけど、日本のサービスの良さに驚いたものです。
中にはホテルみたいにお部屋もお食事も豪華なところもあったりして。
お食事の写真のお皿がウェッジウッドだったのには心底驚きました。 /(@0@)/

こちらのNHSは全部無料なので文句は言えませんが…。 お食事もお部屋も実に質素。
みんな最初は出産の疲れもあって 「1泊じゃ足りないよー」 って思うみたいなのですが、
あまりの質素ぶり (特にご飯がまずーいらしい。) に、「できるだけ早く家に帰りたい!!」 と
思うようになるらしいです。 ははは…。

さて実態はいかに?! また入院レポートもしたいと思いまーす。 そんな余裕あるんかな?!
[PR]
by masakong_UK | 2007-12-21 19:13 | Maternity

イギリスの妊婦事情 ~ パパママ産前教室(有料)編 ~

昨晩、以前の逆子騒動の時にお世話になったMidwifery Centreのパパママ教室に
参加してきました。 
そもそもこの施設、運営しているのはMidwife(助産婦)の資格を持った人ばかりで、
NHSの無料サービスではカバーできていない、様々なサポートを有料で提供してくれる
とってもありがたい所なのです。 Midwifeも、一人一人にFriendlyで時間をかけた
丁寧な対応をしたいという信念のもと、病院勤務をやめてこの施設で働いたりしているため、
みんなとっても親身になって相談にものってくれて、まさに駆け込み寺のような存在。
新米妊婦はほ~んとに助かってます。 

さて今日のセッション。
内容は 『お風呂の入れ方、おむつの替え方、へその緒の処理』 などなど。
イギリスでは通常の出産の場合、初産でも入院は1日~2日で、まだ目も開いていない&
へその緒もついたまんまのベビィを自宅に連れて帰ってお世話をしなければいけないため
なにもかも初めての我々夫婦は迷わずこのセッションを申し込みました。
ちなみに費用は1カップルで40ポンド。 9,000円ぐらいです。 実に良心的。
NHSの無料セッションでもおむつの替え方やお風呂の入れ方のビデオを見せてくれたり
するのですが、なにぶん1回見ただけでは覚えられるわけもなく…。 

  パパも参加とあって、このセッションはちゃんと夜の時間帯に設定してくれてます。
  会社帰りでスーツ姿のパパさんもちらほら。 ちなみに今日は7組のカップルが参加。
f0041761_18383839.jpg


  Midwifeのデモンストレーションの後に人形を使って実践練習をするのですが、
  なんとデモには生後1週間の本物のベビィ登場。 以前ここで講習を受けたママさんが
  ボランティアでベビィを提供(笑) お人形よりリアルでわかりやすいのでありがたい限り。
  でも気持ちよく寝ていたところを突然お風呂に入れられ、ちょっとかわいそうなベビィ…。
f0041761_1854364.jpg

やっぱり新生児。 『ちっちゃいねぇ~!!』 と言ったら、

「この子は4キロで産まれたからBig Babyなのよ~♪」 とママさんにっこり。

えー?! 3キロ前後で出てくる通常のベビィはこれよりもっとちっちゃいの?! 
Masakong、本物の新生児を目の前に、ちょっと焦る…。 もっとでかいと思ってたよ~(汗)
今にも壊れそうなふにゃふにゃベビィをワシッと掴んで手早くお風呂に入れるMidwife。
さすがです…。 私にはできるんだろうか…?! いやはやドキドキですよ。

出産に関しては色々とイメージもふくらみつつ、まぁ問題ないだろうなんて気楽に構えていた
私ですが、よくよく考えると産んで終わりじゃないものねぇ~。 その後のほうが大変だわよ。
なんだか初めて産後のイメージがフツフツと湧いてきて色々考えちゃいました。

…。  ふと我にかえると…。
半ば呆然とデモを見ていた私の隣で、彼はせっせとお人形をお風呂に入れてました(笑)
こわごわ触るより、思い切ってがっしり掴んであげた方がたしかにベビィは心地良さそう。
「だいたいコツはわかったわ。 俺、いけそう☆」 となんとも頼もしいお言葉。 
嬉々として実習に励む彼の背中を眺めつつ。 ママもしっかりせねばなぁと思った1日でした。
[PR]
by masakong_UK | 2007-12-13 18:59 | Maternity

スイカ腹 公開終了(笑)

スイカ腹写真、公開終了しました☆

いただいたコメントを保存しておきたいので記事だけは残しますネ♪
次にお顔が登場するのは出産後かなぁ。 いい顔が載せられればいいんですけど。
しばらくは寝不足でパンパンの顔だと思うのでおそらくだいぶ先になるかな…(笑)
[PR]
by masakong_UK | 2007-12-10 19:28 | Maternity

カウントダウン☆

2007年も残すところあと1ヶ月を切りましたねぇ~。 
That means … ついに私の予定日も1ヶ月を切りました。
いやぁ長かったぜ、ベイビー。 ということで、36週のMidwifeの検診に行ってきました。

気になるベビィですが、ちゃ~んと頭が下でした。 今にして思えば、やっぱり頭が上になった
ことなんか一度もなかったんじゃなかろうかと思ってしまう私です。
ベビィも毎晩のように 「頭を下にしてね~!!」 なんて言われて、「もう下やっちゅうねん!!」 と
何度も言い返していたことでしょう…。 いい子ちゃんだったのに、ゴメンね~(笑) 
今日の検診もおかげさまで血圧から何からすべて正常で問題無しでした。
あえて言うなら、最近、足はまったく平気なのにお手手がむくみまくり。 結婚指輪が
入りません…(涙) 指がプクプクで、私の手が赤ちゃんの手みたいだよ…。

検診の少ないイギリスも、さすがに次回は2週間後の38週で診てくれるみたいです。
今日行った時、たまたまMidwifeのパソコンが壊れていたため、通常なら次回の予約を
取って帰るところが取れないという事態が発生。
「ドクターのPCは壊れていないので、ドクターのアポだったら取れるけど??」 
というありがたい提案がありましたが、私は迷わず

   「NO~!!!」

それだけは勘弁!38週の大事な検診、ドクターには任せられましぇーん!ということで
二度手間だけど、後日改めて予約することにしました。

さて、12月に入って気分はすっかりクリスマス♪
今年も去年買ったクリスマスツリーを飾ろうと思っていたのですが、飾りつけ&後片付けが
たいそう大変なので、今年は泣く泣く我慢することに。
その代わりといってはなんですが、ツリー用の飾りを天井のランプに吊るしてみました。

          これが意外とかわいい♪ クリスマスムード、一気にUPです。
f0041761_0364267.jpg

あとはこれに、生のヒバを使ったクリスマスリースでも作ろうかなぁと思ってます。
クリスマスリースを作って、クリスマスカードを出して。 イブにはチキンを焼こうかと思って
いるのですが、はたして私はどこまで体力が持つんでしょうか?!(笑) 
未体験ゾーンなのでまったく想像がつかず。 無理は禁物なのでぼちぼちいきます。
[PR]
by masakong_UK | 2007-12-04 00:35 | Maternity

ゆるめの気合で…

グズグズお天気のイギリス。 ようやくベビィ用のお洗濯が全部終わりました。 っほ。=3

     んでもって、最後に洗ったのがこちら。
f0041761_19171670.jpg

何が何でも布で頑張ろう!! と思ってしまうと胃に穴があいてしまいそうなので…。
紙おむつと併用で、できる範囲で頑張ってみようかと思ってます♪
日本のおむつ相場がよくわからないのですが、イギリスは紙製品が結構高いので、
こちらでは水道代&電気代を考えても、布の方が安くあがりそうな雰囲気。

タオル地でできたものやら、おむつ&おむつカバーが一体型になったものやら、色々と
手で触ったりして検討した中で、やっぱり日本のサラシタイプが乾きやすいし一番かと。
肌触りも最高です☆

さて、いつまで続けることができることやら?! まぁ気負わずのんびり頑張ります♪
[PR]
by masakong_UK | 2007-11-29 19:22 | Maternity