2007年 07月 03日 ( 1 )

テロ未遂について (ちょっと長いです…。)

先日のテロ未遂(一部成功?!)について、何人かの方から 「大丈夫??」 メールを
いただいたので近況と所感など。

まず。 我が家はロンドンからちょっと離れた田舎街なので、ニュースを見なかったら
テロ未遂があったということにも気づかないぐらい、平和でいつもと変わりない毎日です。
1個目の車が見つかったピカデリーはお買い物に行くと必ず通ったりする場所なので
ちょっとびっくりしましたが…。 
先日のロシア人スパイが毒を盛られたお寿司屋さんもそうですが、「ちょうど居合わせなくて
よかったー。」 と安堵した次第です。

スコットランドのグラスゴー空港に車が突っ込んで炎上した事件、あれはそもそもテロとして
成功したのか失敗したのかよくわからない結果みたいです。
今度首相になったブラウン氏はグラスゴー出身なので、彼の就任に対しての嫌がらせ(?!)
のようなものなのかもしれませんが…。

最近、良くも悪くも、テロ情報に慣れてきてしまいました…。 「またか。」というかんじ。
東京に住んでて、地震がきてもあんまりびっくりしないのと同じような感覚です。
実際にテロに遭遇する確率も、東京で大地震が発生するのと同じぐらいかもしれません。

イギリスの警察と日本の警察、大きな違いは「怪しい人はみんな逮捕する」ことでしょうか。
数ヶ月前、ロンドンの南東部で娼婦が次々と殺害されて、 「切り裂きジャック事件再来か?!」
と言われた事件がありましたが、あの時も容疑者としてたしか4人ぐらいが逮捕されました。 
日本だと誤認逮捕?!でえらいことですが、イギリスでは 『起訴』 されて初めて
容疑者として確定というかんじで、逮捕されただけというのはよくあることらしいです…。
イギリスの『逮捕』=日本の『任意同行の事情聴取』 みたいな感覚ですかね。

で、何が言いたいかというと。 去年の、ヒースロー空港で起きたUS各都市行きの飛行機
爆破未遂といい、今回のロンドンのテロ未遂といい、結構事前に情報が漏れているので
実際に成功するに至らないケースが多いのかなぁと。
日本ではニュースになっていないと思いますが、テロリストかも?!と怪しい人は、
実は連日のように逮捕されていて、こちらのニュースでは 「今日は2人逮捕されました」
とか、よくやっていたりするんです。
イギリスも元祖007の国なので、2005年のバス&地下鉄テロ以降は色々と手をつくして
いろんな捜査を頑張ってくれているようです。

そう考えると、アメリカの9.11の事件は、あれだけの大規模なテロを、事前に情報が漏れる
こともなく実行に移せてしまったという点で、それだけのテロ組織が存在したと思うと
今でも鳥肌が立つほど恐ろしいことです…。

感覚が麻痺しているところもあるのでもちろん100%油断はできませんが。
今のイギリスには、テロを実行にうつせるほどの根性ある組織はもう存在しない気がします。
(なにせ、ここ1、2年ぐらいで逮捕されたテロリスト"容疑者"は数百人単位…(汗))
もちろん、たった一人の自爆テロでもその場に居合わせたら命の保証はないのですが。

これだけ失敗が続いているのだし、そろそろテロリストの人達も目を覚まして、違うことに
情熱を傾けて欲しいなぁ~。と思わずにはいられません。
テロという形じゃなくて、自分達の意思を表現する方法はいっぱいあると思うんですけどね。
テロリスト容疑の人が逮捕されなくなる日が早く来て欲しいなぁ~と思います。

ということで。 警察もがんばってくれているので、我々は無傷でいたって元気です(笑)
テロなんかに負けないぞ!! (私はブッシュか…)
[PR]
by masakong_UK | 2007-07-03 21:21 | England