イギリスの妊婦事情 ~ パパママ産前教室(有料)編 ~

昨晩、以前の逆子騒動の時にお世話になったMidwifery Centreのパパママ教室に
参加してきました。 
そもそもこの施設、運営しているのはMidwife(助産婦)の資格を持った人ばかりで、
NHSの無料サービスではカバーできていない、様々なサポートを有料で提供してくれる
とってもありがたい所なのです。 Midwifeも、一人一人にFriendlyで時間をかけた
丁寧な対応をしたいという信念のもと、病院勤務をやめてこの施設で働いたりしているため、
みんなとっても親身になって相談にものってくれて、まさに駆け込み寺のような存在。
新米妊婦はほ~んとに助かってます。 

さて今日のセッション。
内容は 『お風呂の入れ方、おむつの替え方、へその緒の処理』 などなど。
イギリスでは通常の出産の場合、初産でも入院は1日~2日で、まだ目も開いていない&
へその緒もついたまんまのベビィを自宅に連れて帰ってお世話をしなければいけないため
なにもかも初めての我々夫婦は迷わずこのセッションを申し込みました。
ちなみに費用は1カップルで40ポンド。 9,000円ぐらいです。 実に良心的。
NHSの無料セッションでもおむつの替え方やお風呂の入れ方のビデオを見せてくれたり
するのですが、なにぶん1回見ただけでは覚えられるわけもなく…。 

  パパも参加とあって、このセッションはちゃんと夜の時間帯に設定してくれてます。
  会社帰りでスーツ姿のパパさんもちらほら。 ちなみに今日は7組のカップルが参加。
f0041761_18383839.jpg


  Midwifeのデモンストレーションの後に人形を使って実践練習をするのですが、
  なんとデモには生後1週間の本物のベビィ登場。 以前ここで講習を受けたママさんが
  ボランティアでベビィを提供(笑) お人形よりリアルでわかりやすいのでありがたい限り。
  でも気持ちよく寝ていたところを突然お風呂に入れられ、ちょっとかわいそうなベビィ…。
f0041761_1854364.jpg

やっぱり新生児。 『ちっちゃいねぇ~!!』 と言ったら、

「この子は4キロで産まれたからBig Babyなのよ~♪」 とママさんにっこり。

えー?! 3キロ前後で出てくる通常のベビィはこれよりもっとちっちゃいの?! 
Masakong、本物の新生児を目の前に、ちょっと焦る…。 もっとでかいと思ってたよ~(汗)
今にも壊れそうなふにゃふにゃベビィをワシッと掴んで手早くお風呂に入れるMidwife。
さすがです…。 私にはできるんだろうか…?! いやはやドキドキですよ。

出産に関しては色々とイメージもふくらみつつ、まぁ問題ないだろうなんて気楽に構えていた
私ですが、よくよく考えると産んで終わりじゃないものねぇ~。 その後のほうが大変だわよ。
なんだか初めて産後のイメージがフツフツと湧いてきて色々考えちゃいました。

…。  ふと我にかえると…。
半ば呆然とデモを見ていた私の隣で、彼はせっせとお人形をお風呂に入れてました(笑)
こわごわ触るより、思い切ってがっしり掴んであげた方がたしかにベビィは心地良さそう。
「だいたいコツはわかったわ。 俺、いけそう☆」 となんとも頼もしいお言葉。 
嬉々として実習に励む彼の背中を眺めつつ。 ママもしっかりせねばなぁと思った1日でした。
[PR]
by masakong_UK | 2007-12-13 18:59 | Maternity
<< 今年のリース スイカ腹 公開終了(笑) >>