チャールズ皇太子は戦闘機が操縦できるらしい。

今日は英国についてのトリビアを少々。 

そもそも一般的に 『イギリス』 って呼ぶこの国、他にも 『イングランド』 やら 『UK』 やら
『グレートブリテン』 などなど色んな紛らわしい名前が存在するけど正式名称は何なの?!
というのが私の上陸時、第一の疑問でして。

正式国名は、『United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland』 です。
和訳は、『グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国』 ということらしいです…・。
『グレートブリテン』 というのはいわゆる日本の 『本州』 みたいな感じで 『島』 の名前です。
グレートブリテン島には、イングランド、ウェールズ、スコットランドの3つの国が存在し、
それにアイルランド島の北部にある北アイルランドを足した4つの国の連合王国なのです。

  知ってた??

でまたここでトリビアなのが、イギリスの国旗。 なんと4つの国のそれぞれの国旗を足すと
かの有名な赤、青、白からなる 『ユニオンジャック』 が完成するのです。

f0041761_19353897.jpg
  知ってた??

ちなみに一番右のウェールズの旗はどこに行っちゃったの??ってかんじですが、これは
英国旗制定時の1603年にはすでにウェールズはイングランドに併合されていたからだとか。

この事実を知ってから色々と気になることもありつつ。 一番気になったのはサッカーの
ワールドカップ。 "イングランド" とか "スコットランド" とか、一つの国から2チームも出せる
なんてなんだかずる~い。 オリンピックだったら4つの国がまとまって束になってかかるのに
サッカーという得意分野だと選手層が厚いから2チーム?! なんかずるいなぁ~なんて。
これには色々と理由もありそうなのでまたいつか調べてみようかなぁ…。 と。

ちなみにちなみに。 英国の面積は北アイルランドも含めて日本の3分の2だそうな。
そこに人口は半分だっていうんだから、日本がどれだけ混んでる国かが想像つきます…。

さて、話が長くなりますが、今回私が書きたかったのはタイトルにもあるとおり、
「チャールズ皇太子は戦闘機が操縦できるらしい」 ということ。 いかにもスポーツ系が
ダメそうな風貌ゆえ、(チャールズ皇太子、ごめんなさい…)、私は一番驚きました。

そもそもこの話題、チャールズ皇太子の次男坊であるヘンリー王子 (もう22歳なんだよ。
知ってた??) が4月から所属部隊とともにイラクに派遣されることから知ったのですが。
立憲君主制の英国では、現在、軍の最高司令官はブレア首相という位置づけではありつつ、
やはり過去の歴史からもわかるとおり、国王が先頭をきって軍隊を率いるというなごりが
残っているらしい。 ということで国の君主たるや、陸海空軍で訓練をつみ、軍の要職を歴任
して兵士と接することを絶やさないという姿勢は大事なんだそうな。 ということで "あの"
チャールズ皇太子も空軍で訓練をつんだため一応、操縦できるそうですよ、戦闘機。 

f0041761_19595294.jpg
ただ現実的に考えて、直接的に王位継承に重大な支障をきたしうる、国王直系の長男の戦地派遣は問題ありありなようで、次男坊のヘンリー君に白羽の矢がたったようなかんじ。
本人も今では行く気満々のコメントを発表してますが
本音はいかに?! 
何かあったらえらいことなので、実は周りの同僚も余計な任務が増えて迷惑?! 足手まといにならなければいいのですが…。


f0041761_2032693.jpg
王室といえばもう一つ気になるのがこのツーショット。
今では見慣れたこのツーショットも、なんとなく
違和感あるのは私だけ?? 
ダイアナさんもカミラさんもどっちも気の毒よね…。

f0041761_2015136.jpg


それにちなんでこの二人。
我々がこっちにいる間にロイヤルウェディングが
実現するといいんですけど。 見たいな~パレード。
やっぱり好きな人同士で結婚した方がいいよね~。
君たちはお幸せにね♪♪
[PR]
by masakong_Uk | 2007-03-22 20:20 | England
<< 夏時間にかわりました。 おらが街にも… >>